人気ブログランキング |

オペから復帰そしてREBORN・・・


by REBORN
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

タグ:近所の岩場 ( 13 ) タグの人気記事

re開拓…一段落です!…

 とうとう梅雨入り…。あれよあれよという間に春のシーズンも終わりうっとうしい季節がやってきました。
 結局シーズン後半は近所の岩場のre開拓に明け暮れて他な~ンもできずじまい。今シーズンはボルダーの開拓も進めたかったんですけど全く行けずじまい…他のリードエリアの開拓にも行く予定でしたがこちらも持ち越し…。まぁ、おかげで何とか1エリアは何とかなったんで良しといったところでしょうか。

 最後は雨との戦いとなって毎日天気とにらめっこ状態。合間合間の作業とトライ。入り口のTRフェースに限定課題含めて3課題(5.9~5.11aくらいの…)つくって…で何とか梅雨入りした後に最後の課題だった「フィンガーラインの」左のフェースのTR課題を完登してギリギリセーフ…。この日を逃したらもう後は無かったと思います。気温も湿度も高くてヌメヌメでしたが何とか登れてよかったです。
 ボルト埋めてリードルートにしようかと思いましたが、ちょっとシチュエーションに難あり…。まずは後ろの岩が近くて…かなりボルト位置を精査しなければならない事と欠けそうなホールドがあってそれ欠けたら不可能になるか、何とか解決できたとしても再度ボルト位置を変えないといけないので…その辺の事情を総合的に判断してとりあえず今のところはTR課題という事にして様子を見ようという事にしました。フィンガーラインから取り付いて出だしのバンド状をハンドトラバース気味にフェースの中央にトラバースして後はフェースを直上…意外に悪いです…5.11c~dくらい?…でもこの気温と湿度で登れてるんですからいいシーズンにやればググーっと易しく感じるかも?。まぁ、いずれにせよTRと侮るなかれ!…結構渋いです!。名前は「NO RAIN(ノー レイン)」。

 あとは、季節良くなったらあと2本くらい可能性があるんでトライしてみて終了かな…と思ってます。  あぁ~、早く冬来ないかなぁ~!…。

 あっと、そうそうメインの岩の「く」の字フレーク~カンテ回り込んで~スラブの名前決まりました!。「Resist of mind(レシスト オブ マインド)」ん~、カンテ回り込んだら地面スレスレでバランシーな動き強いられるんで心が弱いと足ついちゃうかも…。グレードは大体5.11cくらいでしょうか?…。まぁ、何回も言いますけど私のグレード感覚あてにならないんですが…。
 という事で近所の岩場はまた季節良くなってからこうご期待ということで…。

 その後は6/17に梅雨の最後の晴れ間にダメもとで芹谷に行きました。気温はまぁまぁこの季節にしてはまだましな方でしたが…ヒルが…。アプローチ中も地面見ると目視できるほど…。ちょこちょこッと歩いては岩に乗ってチェックして…を繰り返してようやく岩場に到着。
 以外にも岩は思っていたほど染み出しも激しくは無く意外に乾いてました。
 さすがにこの時期クライマーは少なく私たちの他には2人だけ。静かな一日となっておかげで最後の晴れ間を満喫できました。

 まぁ、これ最後でしょう!。後は7月中旬に出発する南アフリカまでは人工壁…。まぁ、仕方ありませんよね~…梅雨なんですから!。

by 8a1000 | 2018-06-19 23:30 | REBORNへの道

近所の岩場…re開拓…

 またまたご無沙汰していました!。
 え~っと…前回の記事は何だったっけか?…アッ、そうそう、リードジム!…で、地鎮祭!!。無事済んで何よりでした。その後、ボーリング調査も無事終了!。現在、各種申請の書類と設計図書を完成さすべく日夜「あ~でもない…こ~でもない…」と頑張ってます!。

 それはそれとして…クライミングの方はというと…。ここ10日ほど近所の岩場に入り浸り…。というのも、今冬に再整備を!…と心に誓ったものの…一向に進む気配無く…と言うか…なんだかんだと理由をつけて腰を上げずじまい…。なんせ、再整備するには過去の遺物のボルトラダーを撤去しなければならず…その労力たるや創造にたやすく…考えるだけでもどっと疲れが…。しかし、今冬の決断の時に知り合いにボルト撤去の承諾まで取って頂いた手前逃げ出すこともできず…。
 で、意を決してようやく出撃!。ボルト抜きまくって撤去完了までに約4日…。まぁ、既成ルートの打ち替えもやりながらですが…。終日朝から晩までロープにぶら下がってハンマーとバール振り回してたら右肩一撃で痛くなりました。
 
 妻と共に来る日も来る日も作業…。ボルト抜いて、既成ルートを再整備して、新ルート増やして、ごみ撤去して…。最後は息子も来てくれて新ルートを数本第2登してくれました。
 お陰でルート長こそはハイボールに毛の生えた様なものですが内容は「濃い濃い!」ルートが10本強程度!。いい岩場になりました!。
f0362263_21004308.jpg

タヌキスラブ 5.10c/d


f0362263_10243322.jpg

フィンガーライン 5.11a


f0362263_21042506.jpg

ロデオボーイ 5.11c



 で、大体グレードは5.8~5.12aくらいの間…だと思います…?。まぁ、一説には私のグレード感は崩壊してるらしいんで、いつものことながら皆さんの意見で大幅に変わる可能性がありますが…。

 グレードはさておき「ボルダリーなルート内容」「岩質の悪さ」など総合的に見てある意味「濃い岩場」であることは間違いないでしょう!。

なお、終了点と完登には一部のルートを除いてルールを設けました。
1.終了点にまわれるルートの終了点がボルトの場合はハンガーのみにする。(残置ビナやロワリングステーションは設けない)壁の途中や終了点にまわれない場合はロワリングステーション(リングのみ)にする。
2.終了点に大木(概ね直径20cm以上)やクラックシステムが無い場合はボルトを打つ。
3.原則的にルートはトップアウトにする。(マロンスラブダイレクトは途中終了になってます。)

まぁ、たいそうなルールじゃありませんが私としては近年のクライミングを取り巻く状況を見ていると若干の「労力」がいる岩場にしたいと思いました。
クライマーたるものやっぱ終了点のボルトや立ち木を使ったアンカーぐらいは作れないとと思います…。で、ルート短いんだからランナーをロワーダウンで回収した後は作った終了点はまわって取りに行けばいいだけのこと…ものの5分もかかりません!。
ついでに言えば、ロワリングステーションでの結び変えもクライマーなら必須でしょう!。なにも難しいことではないし特別な事でもありません。使い古した残置ビナよりリングの方がよっぽど安全です!。利便性を追求するよりひと手間かける方がよっぽど真っ当だと思います。
 
 小言はそれくらいにして…。
 とまぁ、そんなこんなでつゆまでには一段落したかったんですが如何せん気温が高すぎて1本残りそうです…。ん~、一段落するのは秋以降になりますかね…。


by 8a1000 | 2018-06-03 23:30 | REBORNへの道

RE開拓

 今日起きると爽やかな天気。もうそろそろこの爽やかな天気も最終局面ではないでしょうか?…。今日はジムはお休み…という事でどこか登りに…と思いましたが、そういえばリードジム建てるときに足場のスペースを若干お隣の所有者の方に貸してもらいたくてその説明に午前中、建築屋さんと出かけることになってました!。
 で、妻はというとここ最近風邪気味で体調が良くないという事でその間に病院へ…。
 説明も無事済んで妻も無事帰還したところで今度は自宅で建築屋さんと若干打ち合わせ。あ~でもない、こ~でもないといつも通りやって何とか終わって時計を見ると13:00…。ん~中途半端な時間…。どうしようかと思いましたが、この天気はもったいないという事で近所の岩場の整備に行きました。

 駐車場に車を止めてドリルにブラシetc…とガバガバ荷物を詰め込んで岩場に。とりあえずは昔登ってたルートを掃除してリボルト。ん~、我ながら乙なルート…。一見短くて超簡単に見えますが何のその…。まぁ、やってみたらわかります!。
 で、その後は新しいライン試登したりして日没まで作業して…。
 ええ加減疲れたんで退散。
 とりあえず再度、明々後日来ることにして今日のところはここまで。
 こじんまりしたコンビニエンスな岩場になりそうです!。

by 8a1000 | 2018-05-21 23:30 | REBORNへの道

地鎮祭

 今日はいよいよ「地鎮祭」!。建築屋さんの話では最近はしない人も多いとか…。私はこういう事はしっかりとしておきたいタイプの人間なんで外せません!。

 14:00開始で建築屋さんと設計屋さん、私たち親子という出席者の元、某神社の神主様に来ていただいて滞りなく執り行うことができました。神主さんが祝詞を上げている間、心を研ぎ澄ませて頭を垂れてていると文字通り身が引き締まる思いがしました。事故なく無事完成し末永く皆さんに親しまれる場になればとあらためて思いました。

 その後はご近所にご挨拶回り。自治会長さんにもご挨拶してようやく周りの方につながりができました。
 皆さん温かく迎えて頂けてホッと胸をなでおろしました。

 皆様今後も末永くよろしく願いいたします。

 で、地鎮祭が終わって挨拶回り済んで時計を見ると16:00…。ババーっと車の陰に隠れてスーツからクライミングウェアに息子とともに着替えて「マロンクラック」にGO!。
 今からだと1時間は登れる!…。

 岩場に着くと何だか「むあ~」っと蒸し暑い。
 とりあえずババーっとテーピング巻いて私が登ってTRセット。で、先日と同じく息子はまずはTRで練習。ジャムのみで登ったり、上部のオフを反対向いて登ったりとできる限りの練習をして最後はリード。が、なぜか息子が登り始めたら雨が降ってきて…ん~、毎回ついてない…。しかし、練習の甲斐あってか、おかげで見た感じは「それらしい」登りで雨の中不安感無く完登。先日よりもコツをつかんだようでした。

 とりあえず地鎮祭も終わりこれからがスタート!。しっかり取り組んでいきたいと思います。

by 8a1000 | 2018-05-16 23:30 | REBORNへの道

バナナクラック

 金融機関の手続きやら登記申請やらでドタバタして…。毎日が「ナニワ金融道」の一コマのような生活…。素人には複雑怪奇な手続きですが、ベルトコンベアーのような流れ作業でどんどん進んで…。ん~、どうかするとこうやって人って追いつめられていくんでしょうね~…てなことを考えながら流れに身を任せてます。

 で、このままではいかん!。ということで「ちょっとクラックやりたいし基本的な事教えて!」という息子を従え近所の岩場のバナナクラックへ行きました。
 息子自体クラックは初めてというわけでもないんですが、最後にトラッドやったんが韓国行った中2の頃…。だいぶ時間たってるんでとにかく基本から…という事で再出発です。

 前日に天気予報見ると8:30頃から雨予報。一瞬中止しようかと思いましたが…5時起きで行けば2時間登れる!という事で決行!。
 寝坊することもなく5時にガバッと起きてバタバターッと荷物を車に詰め込んで出発。
 岩場に着いて空見上げるといつ降ってもおかしくない感じ。
 とりあえず、TRセットして懸垂して取りつきへ下降。
 まずはテーピングの巻き方から…。見てる感じではあんまり手先が器用とはいいがたく…それでも何とか巻ききって…ん~、まぁまぁそんなもんか…。で、いよいよ開始。ごにょごにょ何とか登りましたが、これではクラック登ったとは言い難く…。で、間髪入れずに連続して「らしく」登れるように練習。セットの説明と練習もしながら何とか形になってきたころには小雨が降ったりやんだりして…。どうしょうか?…と思って息子に聞くと「リードするわ!」とのこと。ロープ抜いてギアそろえて…小雨の合間をついていざ開始。
f0362263_13362990.jpg
何とか無事完登してロワーダウン。そのころにはまた雨が止んだので次は私がリード。登り始めたら…雨…。何とか登って降りてくるとすでに壁も体もビショビショ。とにかく荷物をザックに詰め込んで一目散に退散となりました。時間見るとピッタリ8:30…。

 この日はその後断続的な雨…。なので後はジムで登るだけの一日でした。 
by 8a1000 | 2018-05-13 23:30 | REBORNへの道

「アイアンマンスラブ」

 3月に入ってめっきり春めいてきました。気温もうなぎのぼりで昼間は暑く感じる日もちらほら…。寒さで固まった体にはありがたいんですが、如何せん高気温が上がるとクライミングの方は…?。まぁ、人間、贅沢なもんです…。
 で、私事で恐縮ですが、2月末からここ3~4週間は仕事仕事で天手古舞…。週末ごとに出張講習でした。講習に呼んでいただいた挙句、皆さんには大変良くしていただいてホント感謝感謝です。講習が終わったと思ったら7~9日の3日間は三重店のセットで日夜プラスチックと格闘…。結局最終日は10日の朝3時までセットして家着いたら4:30でした…。

 と、仕事は忙しかったんですが、その寸分のスキをついて近所の岩場のプロジェクトの「次なるターゲット」に日参してました…と言うか、時間が作れないんで夕方2時間だけ行ってボルト埋めて…で、また別日に2時間トライしに行って…とまぁ、こんな感じで仕事の合間合間で何とか…。で、昨日登れました!。

 このルート…高校生の時から気になってたんですが、当時は一見不可能に見えて、トライすらせずじまい…で、今回「黒豆ちゃん」登ったのを機に、心の引っ掛かりを取るべく意を決してトライすることにしました。

 改めて見上げると30年以上たった今でも一見やっぱり不可能っぽく見えましたが、とりあえずはやってみないと…という事で試登開始…。案の定、悪戦苦闘…。それでも一応初日の3月2日は登れることが判明し、大きな一歩となりました。で、トライ2日目の3月6日からはボルト埋めてのリードトライ開始。日の当たる昼間は全く歯が立たず意気消沈…。夕方、気温がグッと下がって風が出たところで、気を取り直して再度トライ。で、最後のカンテ取りまで奇跡のノーテン!…「やったー!」と思ってカンテに手を出そうとしたら…事故発生…結晶欠けてあえなくフォール…。ホントあと一手…残念無念…メンタルボロボロになったんですが、再度もう一度トライ…。まぁ、そんな状態で登れるわけもなくこの日は敗退。この日分かったことは、とりあえず日中は登れないという事。登るなら気温が下がって風の出る夕方5時以降がいいという事が分かり、また一歩前進(?)…。
 で、昨日、昼間にしこたま仕事こなして、おまけに急遽Kに緊急バイト頼んで登りに行きました。計画通り17:00岩場着。ちょっと誤算だったのは湿度がなぜか高かった事と日中ずーっと座って仕事して動かなかったので体が訛ってたこと…。初回のトライではいい感じがつかめず「今日も敗退かなぁ…」と思いましたが、3月20日からギリシャに行くことになってる身としては時間的に今日しかないという事で日没間際に意を決して最後のトライ。とにかく根性で登り切って完登でした!。最後カンテ取ってから足滑ったんですが気合でした…。ここ近年こんながむしゃらな登りで終了点にたどり着いたことは無く…なんかすごく感激しました…。で、名前は何にしようか…実は前に妻と二人で決めてました…「アイアンマンスラブ」。ん~、名は体を表す…いい名前です。

f0362263_12304792.jpg
 とにかくこのルートはちょっと…。一言でいうなら「The スラブ!」というか「スラブとフェースのあいの子???」的なルートでこの手のルートが好きな人にはぜひ登ってもらいたい好ルートです!。
 余談になりますが…こういうスラブのルート作るときにいつも悩むのが、ライン取り…。スラブなんで難しくしようと思えばいくらでもできます…が、今回はあえて「最弱点を突いた好ルート」にこだわりました!。なのでこの面にはもうこれ以上のルートはいりませんし変にグレード追及する直登ラインもいりません!。右のカンテラインも登れそうですが、ここもあえてルートは作りません!。なぜなら今回のこのルートがあまりにも素晴らしいからです。
 スラブの中央に垣間見える唯一の弱点…それを突いてじりじりと高度を稼ぐ…そして最後はカンテへ…。ん~、クライミングって素晴らしい!。

by 8a1000 | 2018-03-12 23:30 | REBORNへの道
 ようやく寒気も一段落となって春めいてきたんで2/26は久々に「マロンクラック」に行ってきました。乙なスラブも数本あってなかなかの岩場…。以前開拓した岩場ですが、開拓第2段という事で今後、また新たにルートが増える予定!。で、ついでに既成ルートも再整備します!…という事で乞うご期待。まぁ、いずれにせよここも「近所の岩場」の一つ…いつでも来れる…と言う気持ちが開拓やら再整備を遅らせてる原因でもあります…。
 例にもれず、この日も時間がなく持ち時間は3時間弱…おまけにこの岩場は日陰のエリアで寒い!…とりつきにはまだ一部雪が残っていました。天気も良く、暑いくらいでしたがここだけは極寒…。ん~、まだ早すぎたか…。そういや下界の気温が暑く感じる6月でも快適に涼しく登れることを思い出しました。
 とりあえずこの日は時間もないという事で「マロンスラブ」と「入門スラブ」登って最後に「マロンクラック」登って帰りました。
f0362263_12084125.jpg


f0362263_12084903.jpg
 登攀本数は少なかったですが、それはそれで充実した時間を過ごすことができました。

 翌2/27は講習で大鳥居に行きました。5月を思わせるような気温で若干暑い…。しか~し、あの寒気を思い出すと幸せいっぱい!。皆さんもこの幸せを感じながら勢いに任せて結構登ってました…明日身体大丈夫なんでしょうか?…っていう感じでした。
 講習後はKO-WALLに戻って店番というかなんというか…。
 今日はKO-WALLの「牛乳」の日!。時々、最近なぜか牛乳の差し入れがあるんです…。19:00頃ジムにいた人はもれなく牛乳GET!。好きな人は1本といわず2本3本とGETしてました。
f0362263_12102944.jpg
 私は牛乳あんまり好きでないんでみんながゴクゴク飲んでる姿見て胸いっぱい…。「頼むし登ってるときに逆流だけはしんといて…」と願うような気持でした。

 2/28は夕方まで天気が持つという事で、チョー久々(15年ぶりくらいです!…)に講習の下見に妻と京都の金毘羅に行ってきました。アプローチの状況も結構変わっていて一瞬迷いかけましたが、事なきを得て何とか無事岩場に到着。駐車場からの道々、きれいな石組みのお家が沢山あって「大原(京都)」を満喫。
f0362263_12120487.jpg
 とりあえず今日は時間もないんでホワイトチムニーに向かい一通り登る。
f0362263_12182996.jpg

f0362263_12190109.jpg
 特に感慨深かったのは私がロープの結び方を初めて教わった日に先輩から「登ってみ!」と言われて登った「サラワリ」。あの時はプロテクションをどうやって取っていいか分からず…大人の先輩に怒られるのが怖くてそれを聞くことすらできずにそそくさと登る羽目になり…結局ほぼノープロテクションで完登…で、思ったことは「こんなん落ちるわけないやん!」と小生意気に感じたことを思い出しながら…今日は当時は無かったボルトもしっかりとプロテクションとして利用させてもらい、おまけに当時からあるピトンも全て利用させていただいてリードしました…。ん~、30余年の積み重ね…成長ですな!…と言うか…後退?…。
 その後はゲートロックに移動して全ルート制覇…。
 で、ん~、今回来るまでは若干馬鹿にしてた部分があるんですが、こうやって改めて登ってみると…なかなかどうして、それなりにいい岩場です。初心者の方々にとっても易しいルートいっぱいあるし、チャートという事でホールドがいっぱいあるんで人工壁上がりの人にとってはあまり違和感もないのでは?。おまけにマルチや一部トラッドの練習にも利用できてなかなかコンビニエンスないい岩場だと実感。
 かくいう私たちもここで色々覚えましたから…。という事で、今後はいろいろ講習で使えるという事で妻と意見が一致。実り多い日となりました。

 とまぁ、こんな感じで過ごした今週前半でした。

by 8a1000 | 2018-02-28 23:30 | REBORNへの道
 あの寒気はどこへやら…。今週に入った途端にめっきり暖かくなって、急に春めいた感じがします。

 という事で、行動開始!。とりあえず2/20に1月に掃除してから放置状態になっていた30年以上前に登った「Banana clack」を妻とともに登りに行きました。この日は結構な陽気で歩いていても汗ばむくらいでした。
 アプローチを一登りして岩場到着。とりあえずTRで掃除の仕上がりを確認。ン~…我ながら頑張りました!。まだスッキリきれいとは言えませんが当初と比べると雲泥の差。まぁ、ある程度は快適に登攀できる状態になりました。
 で、ロープ抜いてリード。
f0362263_11351798.jpg
下部でナッツ決めてメインクラック入ってC3決めてズズーっとと登って行ってもう一個C3決めようと思ってトリガー引いたら事故発生!…「パチッ!」という音聞こえてワイヤー切断…。一瞬焦りましたがどうしようもなくこの際C3ははなから無かったことにして前進あるのみ…。ガガガーッと前進して4番決めて後は何も考えずに再度前進…ちょっと岩質の悪い最後の乗越を無事に済ませて「ふ~ッ…」と一安心。事なきを得ました。
f0362263_11354152.jpg
 家出るときにチェックしたんですが…。ワイヤーのほつれもなかったし…。多分、カシメのところでワイヤーが屈曲するように曲がっててトリガー引くたびにそれがコキッっと伸ばされることによって針金をコキコキやるようなことになってて突然プチっと切れたと思うんです…。皆さんも気を付けてください…。で、今思うに…よくよく考えたらスプリングがはじけたわけじゃないのでうまく強引に押し込めば効かすことができたはず…焦ると冷静な判断できませんね~…。
 何はともあれ「Banana clack」はいいルートです!。グレードこそ推定5.9程度だと思いますが、なんていうか…クライミングしてるな~…っていう感じするホントいいルートです。

 事なきを得た後はスラブの「黒豆ちゃん」をTRで様子を見る。というのもこのルート…高校生の時にボルト打ってからというものその後「だ~れも登ってない」という事で12~3年前にその時のリングボルトを一度リボルト。でそれ以来また「だ~れも登ってない」ので…。で、いちおうTRで登れましたが…結構悪いです…が、三ツ星!。ん~、我ながら当時の自分を褒めてあげたい気持ちになりました。ボルト感覚もゼツミョーで高校生にしては出来すぎでしょう!。
 とここでタイムオーバー…。15:00から人と会うアポがあって急いで下山。中途半端な形で登攀終了となりました…。

 で…、2/21は朝からひっきりなしに人と会いミーティング…。ナ~ンもできずに一日終了…。溜まるのはフラストレーションだけでした…。

 2/22は朝から昼までは人とミーティング…。しかし!…この間の中途半端さが我慢ならず…再度「黒豆ちゃん」を登るべくミーティングが終わるや否やダッシュで出発。この日は18:00から三重店で店番になってたんで時間的余裕一切なし!。岩場に着いたらウォーミングアップなしで即「黒豆ちゃん」…。
f0362263_11352992.jpg
何とか完登。ん~、いいルートです!…。で、まだちょっと時間があったんで下降時に以前から気になってたスラブの真ん中を試登…。何とか弱点を突けば行けそうという事が分かってがぜんやる気でてきました!。でも、まずは終了点を何とかしないといけないんでちょっと時間かかりそうですおまけにチョーむずい!…。なんで来冬の課題か!?…。まぁ、乞うご期待という事で…。で、あとはもう2本くらい引けそうなんでそれもついでにやっちゃおうと思います。
 この日は最後に「Banana clack」も登ってご機嫌な感じで下山しました。スムースに登攀が進んだおかげで三重店の店番にも間に合って…というかちょっと遅れただけで事なきを得て…充実した一日となりました。

 この近所の岩場…どのルートも結構なルートでグレードはそんなに高いというわけではありませんが内容は玄人好みのいい岩場ですので乞うご期待です!。

 

by 8a1000 | 2018-02-22 23:30 | REBORNへの道
いや〜、9日はとんでもないお天気でした!。なんせ風が強くて…。そんな中、とりあえず、8日確に認しに行った新しい岩場に下見に行きました。出だしの川渡るところが前日の雨で増水してていきなり渡渉を強いられ寒修行…。ゴーゴーと風が吹き荒む中膝までズボンめくって素足で前進。途中で感覚なくなってあわや転倒かと思いましたが、なんとか渡りきって事なきを得ました。後は山の中を彷徨すること約3時間。まぁ、あるにはありましたが微妙な感じ…。ん〜、とりあえず暇な時に掃除して様子見るかって感じです。
で、その後は例のクラックをもう一回掃除しに行きました。とにかく風が強くて、おまけに雪まで降ってきて…。横殴りの雪を受けながら必死に掃除。ロープは横になびくし、上下ジャッケットきて冬壁装備でしたが手足の感覚は無くなるわで、正に冬季登攀状態で、なんか冬壁行ってた頃の昔の記憶が蘇ってきました。
そんな中頑張った甲斐あって、掃除の方は無事終了。これでまた登れる状態になりました。また天気のいい日に登りにくることにしてこの日はそそくさと退散して夜はジムの店番してました。

明けて10〜11日は三重店のセット作業。課題の追加作業なんでいつもよりはマシと思いきやなんのその…。いつも通り「あ〜でもない、こ〜でもない」と結局最終日の0時過ぎにようやく終了。でもいつもよりは格段に早く終わったので良かったです。
水色2本、青2本、緑1本、赤1本、黒1本と増えたんで皆さんトライしてみて下さい!。

とまぁ、そんなこんなでちょこっと疲れが溜まってきたんで天気はいいけど明日は休養 ですかね。


by 8a1000 | 2018-01-11 23:59 | REBORNへの道
 正月早々ジムのエアコンがダウン…。ショック大!…。急いでメーカーのメンテに連絡したものの最速で5日…とのこと。「なんでもえ~から早よして~!」の言葉もむなしく、5日の日程は覆らず。ようやく5日になって見てもらうと…「室外機の部品を積み替えです」…とのこと。修理金額聞いてへタレこみました…。しかし、どうしたって修理しかない!。最速で!と修理依頼して現在に至ってます…。ということで、このまま極寒のジムというわけにもいかず、昔使っていた石油ファンヒーターを引っ張り出してきてとりあえず凌いでます。
 久しぶりに石油ファンヒーターで暖を取ってますが、以外にこれが温かいです!。ひょっとしてエアコンよりいいかも!?です。やっぱり直火にはかなわないのかも…。
 そんなこんなでジムは新年早々てんてこ舞いですが、クライミングの方はというと…。
 3日に例の岩に行ってルートの状況確認とアプローチ作りをしてきました。時折、吹雪に見舞われる中、なんとか無事に岩場到着。案の定クラックはシダに覆われていました。帰りに踏み跡を作りながら目星をつけておいた尾根を下山。こちらは首尾よく、思っていた通り!。下山に要した時間は15分!。格段に近くなりました!。その日は終始、吹雪の中の作業となり全身ビショビショ…震えながら家に帰って、取り敢えず着替えてからジムの店番に行きました。
 次の日の4日も天気はいまいちでしたが、昨日よりはマシという事で今度は掃除に出かけました。新しい踏み跡をたどっていくと…なんとまぁ、20分弱で岩場到着!。ん~、ここまで短縮できるとは…。で、岩場到着後、作業開始。終始曇りで時折雪がちらつく中、クラックの中のシダと格闘…。結構な作業になりました。あらかたは何とか掃除しましたが、もう少し不十分なところもあるんでもう一度掃除が必要でしょう。
 で、今週中に掃除完了して再登しようと思っていたのですが、あれ以来天気が最悪…。昨日の7日はまだいい天気だったんですが、この日は大鳥居で講習。現在天気待ちといったところです…乞うご期待を…。
 ということで、天気悪くて暇持て余してるんであれこれ昔の記憶を手繰って「どっかいいとこなかったっけ…?」…散々思いめぐらして…そういえば…ということで今日(8日)、雨の中確認しに行ってきました。確かにありましたが、使えるかどうかは未知数。やっぱスケールが小っちゃいのといいラインがあるかは???。とりあえず今日は駐車スペースを確認しただけで雨の為、岩場の下まではいかず遠望のみ…。今度雨あがったら岩場の下まで行ってきます。

 てな感じで、いずれにせよ現在天気待ち…悶々とした日が続きます…。

by 8a1000 | 2018-01-08 23:30 | REBORNへの道