人気ブログランキング |

オペから復帰そしてREBORN・・・


by REBORN
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
 今日は朝一で定期検診の日。ここんところ全くいいことなしでストレスばかりが募る毎日で、自主リハもできなかったのでどうなってるか心配でした。いつも通り受付を済ませて待合室で待ってると入院中に知り合いになった方とばったりと出会いました。お互いの肩の状況を報告し合う。そうこうしているうちに名前を呼ばれて受診。まずは可動域テスト。朝からさんざんウォーミングアップしてきたので快調でした!。前回を大きく上回る数字で大満足。特にセカンドポジションでの外旋が大きく可動域アップしてるのを見て、思わず先生も「おお~!きたきたーっ!」って大きな声出してました。「変わったことはありませんか?」との質問に「まだ挟み込み感やスル痛みがあります」と答えると先生は少し残念そうな顔をして「それは残るかもしれません…。」とのこと。でも少しは、馴染んでいく部分もあると思うとも仰っていました…。まぁ、贅沢は言いません…少々痛みや違和感が残っても何か少しでも登れるようになれば御の字です!。で、スペインに出発する直前の3/15にMRI撮って腱の状態を確認することになりました。これでいい感じであればいつからクライミングのリハビリが可能か判断できるので、その時に開始の日を決めようとの事!!…。とにかくうれしいです!…ついにようやくここまで辿り着くことができました!。屈折約1年…漸く出口が見えてきました!。なんて言っていいか…とにかく頑張ります!。リハビリ頑張って3/15をいい状態で迎えたいと思います!。
 受診を終えた後は帰り道にある「カラーズ」に寄り道してオーナーのAさんとコーヒーおよばれしながら四方山話。気が付くと15時まわってました…。
 肩も順調に回復しているようですので、クライミング再開の時に備えて、これからも日々前を向いてクライマーとして真っすぐ進んでいきたいと思います!

by 8a1000 | 2017-02-22 23:30 | REBORNへの道
 今日も朝からS医大…。右肩のMRI検査の結果を聞きに行く。肩の可動域は格段にマシになって、一応挙上は出るようになって、外旋もできるようになりました。ただ、肘を曲げて挙上しようとするとやはり何か中で噛んだような感じと筋がゴリッという感じがして強烈な痛みが出ます…。
 今日の整形外科の待合室は「満員御礼」状態。見ただけで今日は時間かかる事が分かる。妻といろいろ仕事の話をしながら待つこと約1時間強。漸く私の番が来て診察室へ。I先生がMRI画像を立ち上げ次から次へと画像をチェックしていく…。一通り画像をチェックした後「腱板には大きな異常はありません。」との事でホッとする。ただ、所見が2つ…まず、1つ目の所見…「棘上筋にインピンジメントの兆候があって炎症が見られます。」とのこと。これは私も納得。去年来より肩がゴリゴリ鳴ってちょっとした痛みがあることが多いですから…。で、I先生曰く今のところこれは大きな問題ではないらしい(将来的には未知数ですが…)。で、  次に2つ目の所見…「上腕2頭筋長頭筋腱に炎症が見られます!。腫れて周りに水が溜まってます!。おそらくこれが直接的な原因だと思われます。」との事。肩甲下筋に問題があれば長頭筋腱が本来ある位置からズレていることが多いが、そういった所見はなく肩甲下筋は大丈夫なようだとも仰っていました。という事で本来はプチューっと注射して炎症押さえて安静にするらしいですが、幸いクライミングもまだ当分できない状態である事と、先生曰く「注射、嫌なの知ってますから…」という先生の配慮でとりあえず安瀬にして炎症が治まるのを待つという事になりました。
 いや~、ホント良かったです!。またこれで望みを繋げることができます!。先生も最後に言ってましたけど「いろんな事やってこられたから…」…確かに…まぁ、いろいろ思うところはありますが、これも試練です!。ここを耐えた先には、また今まで以上の幸せがあるに違いない!。そう信じてますし、そうしたいと思います!。
 とにかく、安静第一!無理せずに頑張ります!
by 8a1000 | 2017-01-18 23:30 | REBORNへの道
 今日は15:00から右肩のMRI検査を受けて、その後三重店のアドバンススクールのお手伝いの予定。右肩は昨日よりマシになっているように感じますが、腕を曲げて前方から挙上しようとしたり、肘を曲げて外旋したりしようとすると肩の前側に激痛が走ります。運転はまだできるような感じではないので、今日も妻に運転を頼んでの一日となりました。
 S医大のMRI検査室はチョー快適でした!。待ち時間もほとんどなく受付を済まして、更衣室で着替えを済ませるとすぐに順番が来ました。検査室が4~5室あってビックリ!。で、そのうちの一室に案内され入室。室内も明るく、清潔で安心でした。で、セッティングが終わってMRI特有の「土管」の中に…。「それでは開始しま~す!」というアナウンスの後、いつものトントン、ビービー、ドドドドドという音。ビックリしたのは「土管」の広さ。いつもより格段に広く感じました!。で、検査中も室内のライトを付けたままなので明るい!。いつものような圧迫感がなく快適でした。室温も暖かくて(当たり前か!?)ゆっくりくつろげました!?…。検査時間は約20分程度でしたが、この快適さなら時間が倍かかっても快適にくつろげそうでした…。撮り直しもなく予定時間よりもかなり早く撮影終了。支払いを済ませた後、エントランスのカフェでコーヒー飲んで妻の迎えを待つ。
 妻と合流後、今度は一路三重店へ。アドバンススクールの開始時間になり練習開始。今日の私の目的は「練習のメニュー調整」。まず軽く一緒にジョギングしてストレッチ。そのあと基礎的な技術練習…練習課題の調整と練習のポイントを確認する。これにこってり時間をかけたせいで今日の実技練習はそれのみ。後はフィジカルのメニューと負荷の調整して練習が終わりました。両肩が思うように動かせないのでどうなるかと思いましたが、今日のところは何とかしのぐことができました…。これでいろいろと本格的な練習をするための初期的な調整がある程度できたにので、来週にもう少し微調整と意思疎通を深めればそれ以降、徐々に本格指導に近づけると思います。練習後は店長と3人で23:00まで打ち合わせをして帰路に就く。
 帰宅すると1:00前…。部屋に入ると息子が一人夕食を食べていました。聞くと、練習終わって0:00頃に帰宅したとのこと。私たちも急いで風呂入って夕食を済ませ就寝…。
 明日は右肩の検査結果を聞きに、またS医大…。何事もなければいいのですが…。
by 8a1000 | 2017-01-17 23:30 | REBORNへの道
 今日はS医大の定期検診の日。予約が9:00の朝一。昨日の雪で道路がガッチガチに凍ていて、この分だとあちこちで事故やっててかなり時間かかるという事で45分前に出発。ホントは一人で行くはずでしたが、昨日から右肩が痛くて挙上できず、今日は運転すらできない状態なんで、妻に運転してもらうことになりました…。通常なら道路が混んでいても25分あれば着いてしまう距離なんで45分前出発なら「楽勝!」…と思いきや「遅刻」…。なんと、1時間15分もかかってしまいました…。
 S医大に着くなり「再診受付機」向かってダッシュ!。受付票を機械から引っ手繰る様に受け取って整形外科へ向かう。2Fの整形外科にたどり着いて待合室を見ると…患者は2~3人のみ…。どうも皆さん雪の影響でまだ到着していないようでした。かくいう私も朝一の順番ではありますが、すでに30分の遅刻…。通常なら後回しで何時になるか分からないのですが、今日は受付済まして待合室の椅子に座ったとたんに呼んでもらえました。
 診察室に入ると懐かしの「I先生」がおられ「雪大丈夫でしたか?」と声をかけてくださいました。そのあと珍しく2~3世間話。こんな天気で患者さんが来れなかったり、遅れたりして今日は時間があるんでしょう、今日の診察室はどことなく落ち着いた雰囲気。
 診察が始まるや否や私が「右肩が挙上できないんです…。」と切り出す。先生曰く「どうしゃはったん!なんかしゃはった?」…。とりあえず右肩の状態を伝えると「とにかく左肩から見て右肩も診ましょう。」とのこと…。で、まずいつも通り左肩の可動域を測る。左肩は先月よりもまた可動域が伸びていて一安心。屈曲は150度に達して0ポジションの外旋も80度付近。2ndポジションの屈曲も痛みは伴いますが、50度付近になってました。次に右肩の可動域も測りましたが、これは散々な結果…というか当然の結果…。屈曲60~80度といったところでしょうか…。次にエコー。左肩の肩甲下筋、棘上筋ともに縫合部の不具合はなく予定通りとのこと。このまま何事もなければ4月以降クライミングリハビリができると言っていただけました!。ついでにスペインの時からの痛みについて尋ねると、まだ回復中なので痛みや動きにはムラが出るとのこと。縫合部などには問題なく予定通り順調との事で、後はしっかりとリハビリを続ける事と無理しない事だそうです。スペインでビレイしてから痛みが出てきたので「もしや…?」と不安でしたが、それを聞いて安心しました。
 で、次は右肩…。慎重にエコーで見ていくと棘上筋に部分断裂の跡があることが分かりました…。後はその規模と他の腱に異常が無いかや二頭筋や肩関節内部に異常が無いかを見るために明日、急遽MRIを撮ることになりました。先生曰く「今のところ腱板に関しては完全断裂の形跡は見られないが、その他の部分に何かあるかもしれないので診ておいた方がいい。もし仮に大きな不具合が無くても、今度復帰した後何かあれば画像を見比べられるので撮っておきましょう。」との事でした。まぁ、めったなことはないと思いますが、内心ドキドキです…。ホント何もないことを祈ります!。仮に部分断裂なら規模にもよりますが3週間~1か月程度で回復するはず…私、前やってますから分かります…。その程度なら嬉しいんですが…。
 まぁ、とりあえず明日はMRI撮って、明後日受診です。「吉」と出るか、「凶」と出るか…祈るような気持ちです…。
 
by 8a1000 | 2017-01-16 23:30 | REBORNへの道
 今日は朝から退院後初のS医大の受診日。妻の運転でいざ出発…の前にしっかり散歩とストレッチは済ませました。予約制なので待ち時間もさほどなく呼ばれる。診察室に入るとI先生の懐かしい顔。可動域テストをしてデータ取ったあとエコーで画像チェーック!…。骨頭に埋めたアンカーと切れた腱板を縫い合わせた糸が映し出され、それを見ながら少し腕をあっちこっちに動かした後、先生は満面の笑みを浮かべ一言…「ン~!バッチグー!」と言ってVサイン…。分かり易い先生です…。まぁ、これで一安心には違いありませんが、油断は禁物!…慎重に行かなければ…。
 受診後は1Fのカフェでコーヒー飲んでから実家に寄って一仕事してから、三重店に向かう。久しぶりの三重店訪問という事もあり、閉店間際まで三重店のスタッフと打ち合わせ&報告会…。心配していたセットも順調に進んでおり、今年は後残すところ1回。このまま何事もなく終わることを祈ります。課題もおおむね好評でお世話になった方々には感謝感謝です!。なんだかんだと話し始めると長くなり、帰宅すると12時近くでした…。帰宅後、玄関開けて家の中に入ると居間で息子がグーグー寝てました…。

by 8a1000 | 2016-11-07 11:26 | REBORNへの道
 今日は朝から循環器内科で先日の心臓エコーとホルダーの結果発表です!。すごく調子よかったので何事もないとは思いますが少し緊張です。診察室に入っると先生が心電図やエコーの動画や書類に目を通して…「心拍は少ないですが、異常はありませんでした。」とのこと。心臓の動きや血液の循環なんかも異常なく元気でした!。安心しました!!。ただやはり心拍は少ないです…。でも、異常がないという事でこれからも自信もってやっていけます!。病院を出るとなんか晴れ晴れしたような気分。帰宅後早速散歩に出る。いつもよりなんか快調なような気がする。その後はストレッチしてトレーニング。左肩の水もようやく引いてきたようで今日は快調です。久しぶりに軽くリハビリしてなんとか挙上出来るようになりました。しかし、やりすぎは禁物。また水がたまると嫌なので軽めしておく。その後は仕事の打ち合わせで来客。15時まで今日もみっちり打ち合わせ…。入院まで日がないので何やかやと予定が詰まります。15時過ぎにジムに行くとスタッフのK君とアルバイトのK君が壁のメンテに大忙し…。再来週のホールド替えの前にやれることはやっておこうという作戦でジムもいろいろバタバタ忙しい。今日のKO-WALLはしっとりと大人の時間でした。息子と常連若手は今晩から瑞牆へ行くらしい。うらやましい限りです…。「登れる」って素晴らしいですね…。雨が降らないといいんですが…。
by 8a1000 | 2016-09-16 23:30 | REBORNへの道
 今日は午後からセカンドオピニオン。朝から公私共、やることやって妻とともに出発。約束の時間までに何とか病院に到着。都会は流石に病院の駐車場に止めるにも四苦八苦する…。知り合いの医療関係者の方も来ていただいて心強い。いよいよ受診。先生はラフで気軽に話しかけられる感じで好感の持てる方でした。聞きたいことを根掘り葉掘り聞いて約30分。しっかり納得しました。いや~、セカンドオピニオン受けてよかったと思いました。分かってはいましたが、より一層後押しされた感じです。要点は下記のとおりです。
①棘下筋は断裂しており手術適用である。
②肩甲下筋は順調である。
③棘下筋・小円筋には異常は見られない。
④水腫は棘下筋の断裂が原因と思われるので術後は自然に改善するであろう。
⑤右肩は肩甲下筋の内側に引っ掛かりがあるようなので左肩と同じようなリハビリと腱板強化を行っていく必要がある。一度MRI検査した方がよいであろう。

以上、概ねこんな感じでした。
当然I先生の説明と何ら変わることなく合致してました。
 で、手術受けます!。K総合病院でI先生執刀です!26日入院、27日手術です!。これで解決します。長かったですがこれでようやくスタートラインに立てると思うとホッとします。で、右肩についてはまた後日機会を作って精密検査を受けようと思います。とりあえずよかった!…。
 帰宅後は直ぐにKO-WALLへ。23時を過ぎてもいつも通り息子も含めて常連は居残り…帰る気配なしです。いいですね~。「登れるだけ登る!」やっぱりクライマーはこうでなくっちゃね!!。
 帰宅後は息子と二人でいつも通り深夜の夕食。私は当然ビールから始まってデザートまで…。   
 今日もなんとか無事終了です。
 

by 8a1000 | 2016-09-13 23:30 | REBORNへの道

K君出勤(術後102日目)

 今日も朝から病院…。毎日毎日こんなにも病院通いするのは生まれて初めてです。今日は「循環器内科」。心臓の調子は近年まれに見るくらい申し分ないのだが、念のため…。問診が始まり、状況を話すと念のため、血液検査と24時間ホルダーで検査することになる。「調子がいいという事なので出ないかも…」とはおっしゃっていましたが、念のためです…。まず昨日も来た心電図室に行ってホルダーを付けてもらってから採決に行く。すると昨日と同じ方…「昨日も来てなかったっけ?」と一言…「今日は循環器内科なんです…。」というと「いろいろ大変ねぇ~。お大事にね!。」と励ましの言葉…ホント大変です…。清算を済ませてホルダーぶら下げて帰宅。ホルダーは明日の朝また来て取ってもらうことになっているため明日もまた朝から病院です…。
 帰宅後、散歩に行ってストレッチして少し仕事してからジムに店番に向かう。今日は一週間北海道に登りに行っていたK君が出勤してきてくれる日なのでバタバタせずとも安心です。15時過ぎにジムに着くとすでにK君が開店していてくれました。後は二人でエアコン掃除したり今度のホールド替えの打ち合わせをしたりと意外とバタバタ…。利用者の方は今日も落ち着いた感じで比較的ゆったりとした時間を過ごせるKO-WALLでした。
 今日はK君に任せて久しぶりに早めに帰宅して、一家団欒。今日はチーズでワイン飲んでなんとなく気分上々。フランスのAOCではなく、それ以外の南仏地方のワインでシラーを主にしたワイン。若くて力のあるワインでシラーの風味は残しながらもどこかすがすがしさのあるワインでした。言い換えるなら「真直ぐで若々しさ溢れるワイン…」。ん~、いいワインでした。

by 8a1000 | 2016-09-09 23:30 | REBORNへの道
 今日は手術前検査の日。9:15分には病院についていないといけないのに起きるとなんと9時…。ダーッシュ!!。9:15、ギリで間にあった…。CD3枚とレターを受付で渡して整形外科へ。順番が来て中に入るとこの間も担当してくださったN先生。開口一番「電話ではざっくり聞いたけど、どういうこと?」…ん~、なんて説明していいのやら…「とにかく詳しいことは分からんのですけど棘下筋が切れてたんです。」というのが精一杯でした。
 次は手順に従って血液検査→肺活量などの検査→心電図→レントゲンの順番で手術前検査を受けながら勝手知った院内を廻る。最後にもう一回整形外科に行って検査の結果を聞いて終了。当然、どれも異常なし!。最近は心臓の調子もいいしね!。で、調子の悪い時の心臓の事を話したら一応、明日「循環器内科」を受診することになったが、今調子いいと出ないと思うとのこと。でも、まぁ、念のため!。会計を済ませて、最後に入院説明を聞いて終了。
 いったん家に帰って、遅出の散歩とストレッチ。ひどい夕立が来た後なので昼間といえども涼しく助かった。その後はちょこっと仕事してジムの店番に向かう。今日は利用者も少なく比較的落ち着いたKO-WALLでした。時間になりジムを閉めて帰宅。いつも通りにビール飲んで飯食って寝る。

by 8a1000 | 2016-09-08 23:30 | REBORNへの道
 今日は記念すべき術後100日目…。まさか100日目をこんな形で迎えようとは手術前には思ってもみませんでした。朝から日課をこなして11時に間に合うようにS医大へ。昨日の画像データーを渡して受付を済ませて受診を待つ。12時頃ようやく順番が来て受診。結果、やはり棘上筋の断裂部が広がり薄皮一枚で繋がっていた部分も完全に断裂…。いわゆる完全断裂という事になっていました。幸いにも手術した肩甲下筋は無事で、棘下筋にも異常は見つからず、その分は安心しました。もうこうなったら後は棘上筋を繋げないとどうしようもないわけですが、先生曰く「こういう切れ方の場合、今まで腱を酷使してこられた結果、元の腱が摩耗し「ささくれ」ていたりしている可能性が高い。そういう場合、繋いでも元の様な腱の厚み(通常成人男子で8mm程度・10代後半から20代前半のスポーツ選手で1cm程度らしい。)を持たすことが難しい場合があり、今回はその可能性が高いと思われる。そういう場合、腱を繋ぐ時に高い技術が要求されるが腱の状態によっては高い技術があってもなかなか難しい場合もある。」と…。でも「やるしかない」んです!。で、私は言いました「だからI先生のところに来たんです!。」と…。「セカンドオピニオンは受けますが私はここに戻ってきます!」とも伝えました。
 私の望みはただ一つ、あの素晴らしい「クライミングの世界に戻りたい!」…ただそれだけです…。そして、仲間や成長した子供たち、息子、妻とクライミングがしたい!!…同じ時を過ごしたい!!…。それにはI先生の力が必要なんです!!…。とにかく私は今回の手術に賭けるしか方法はないんです!!…I先生を信じて…。で、ダメだったら…その時はその時です!…信頼しているI先生でダメならそれはしょうがないでしょう!…その時はまたその時なりの最善の方法を考えればいいと思います。兎に角です…「やるしかない!」!!…前進あるのみです!!。
 受診が終わり、一階のカフェで妻とコーヒーを飲む…。希望半分、不安半分…帰ってやらなければならないこともあるが取り敢えず…。いろんな話をしている間に気が付くと、もう13時半を過ぎていました…。急いでカフェを出ていったん家に帰りすぐジムへと向かう。ジムに着くと次々と利用者の方がやって来ててんてこ舞い…。気が付くと21時…。忙しすぎて昼の受診の事なんて考えている余裕もありませんでした…。その後はいつも通り閉店作業して鍵閉めて帰宅。「やるしかない!」という気持ち半分「大丈夫かな?」という気持ち半分の中、一人でビール飲んで飯食って寝る。
 明日はK総合病院で手術前の検査。朝からまた病院です…。

by 8a1000 | 2016-09-07 23:30 | REBORNへの道