人気ブログランキング |

オペから復帰そしてREBORN・・・


by REBORN
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
 天気は曇り…一瞬嫌な予感がしましたが、まぁ、降ってもジャジャ降りってことはなさそうなんで、今日は昨日に引き続きマルチに出かけることに。今日のマルチは駝背山のGRANDFATHERED IN(6P 5.10d)。トポ見ると結構気持ちよさそうなんでいいかも…という事で出発。

 THE EGGの隣の山なんで昨日に引き続き混沌とした道を通り抜けて到着。工事現場のお兄ちゃんに声かけて片隅にバイクを置かせてもらう。駝背山指さして「登るんか?!」的な事聞くんで「うんうん!」てにっこりしたらにっこりと快くうなずいてくれてたんでOKなんでしょう?!。
 踏み跡をたどって約5分で取りつき。準備して登り始める。1P~3Pは若干ブッシュがうるさいがまぁ、日本チックな感じで明星にでも来たような感じでした。
f0362263_08520168.jpg
3P目の終了点で雲行きが怪しくなってきたんで一時天気待ち…。
f0362263_08522515.jpg
タイミングよく携帯が鳴って「誰や!こんなとこまで電話するやつわ!」と出てみると建築屋さん…「もしも~し!」と私…「今大丈夫ですか?」とは建築屋さん…「ん~、何とか…」という事でリードジムの現場とやり取りすること約10分…。ん~、相手にはこんな状況で電話に出てるってわかんないんでしょうね~…というか、分かるわけないか…。

 そうこうしているうちに真っ黒な雨雲らしきものも通り過ぎて少し空が明るくなったんで登攀再開。
3P,4Pは快適!!でした。
f0362263_08530277.jpg
で、高度感も出ていい感じです!。壁も一部かぶってきてハングのっこすのがとても爽快でした。最終ピッチはアレートを延々と登ります。まぁ、若干ブッシュがうるさいですが、日本に比べれば快適です。
で、最終ピッチの終了点からチョコチョコッと行くと頂上です。
f0362263_08532507.jpg
結構平らで眺めがいいところでした。
後は7Pの懸垂で地面に帰還。結構いいルートでした!。

 マルチ終了後はTHE EGGが近いんで移動して昨日の残りのルートを制覇しに行く。
岩場に着くと、だ~れもおらず…。とりあえず昨日の続きから主要なルートを登っていく。5.11台が中心で結構面白かったです。あらかた登ったところで時間切れ…。ギア整理しながら妻に「そういや、お祖母ちゃん見ないな~…今日は来ないんじゃない?」と言うと妻曰く「いや!絶対来る!5元絶対取りに来る!」。半信半疑でバイクに戻るとなんとお祖母ちゃん!バイクの横でどっかりと座って私たちが降りてくるのを待ってました!。で、「5元チョーだい!」…ハイ5元…。

 ホテルに帰って夕食。昨日の鍋があまりにも美味くて安くてボリューム有ったんで今日も「鍋」!。
 今日は違う鍋にしようという事で「酸辣石鍋魚」。
f0362263_08554252.jpeg
 昨日との違いは、初めの文字の「麻」と「辣」の違いです…。
 今日も又、デ~ンと出てきて鍋てんこ盛り。魚はやっぱり鯉です。味はどこかトムヤンクンに似てます。この鍋の例にもれず美味しかったです。最後は昨日と同じく汁をご飯にぶっかけてかき込んで終了。大満足でした。
f0362263_08562694.jpeg

 帰る道すがら乾物&牛乳屋によってヨーグルトと地元の「渦巻かりんとう」と「ピーナツクッキー」を量り売りで購入。試食させてくれたんで失敗無くていいです。「渦巻かりんとう」は高知のかりんとうとそっくりです!。こっちの方が甘さ控えめで私好みかも…。「ピーナツクッキー」は素朴な味でこれまた美味しいです。前に妻が行動食にと「オレオ」買いましたが開けてみて発狂してました…見ると…クリームほぼ無し!、おまけにビスケット」薄っ!…まるで一口せんべいの様でした。あれに比べると格段に美味いです!。
部屋に帰った後はいつもの通りシャワー浴びて就寝でした。

 あぁ~、明日の天気はどうでしょう?。

# by 8a1000 | 2018-12-04 23:30 | REBORNへの道

HAPPY NEW NEAR(5P 5.10b)~THE EGG

 朝起きて空を見上げると…久々に朝から降る気配なし!。が、とっても暑くて蒸してました…。
 状況はいいとは言えませんが、雨よりはマシ!という事で、今日は人気のマルチHAPPY NEW NEAR(5P 5.10b)に行くことにしました。 で、それだけでは時間持て余すんで、それ終わったらTHE EGGに移動するという計画。HAPPY NEW NEARのある拇指峰からTHE EGGはちょっと遠いですが、まぁ、行けるでしょう。

 ゴチョゴチョと部屋でギアを準備して出発。
 いつも通りバイクで快調に飛ばして到着。バイクを道路わきの草地に止めて徒歩1分…ン~、コンビニエンス!。いらない荷物はバイクのシート下のヘルメットケースや荷台につけてある荷物ボックスに置いて来たのでほぼ空身。
 取り付きに着くと先客あり。よく見るとセカンドのお姉ちゃんがなかなか動かない…。ん~、こりゃ~今日は時間かかるなぁ~…まぁ、しゃーないんでどっしり構えて先行パーティーが抜けていくのを待つ。
 お姉ちゃんが1P目の終了点間近に差し掛かったことを確認して登攀開始。ゆっくり登ったつもりですがテラス手前で追いついてしまい5mほど下でじーっと止まって待つ。お姉ちゃんがテラスに這い上がったのを見届けて私も前進。テラスに這い上がる。アンカー共有させてもらって妻にOKのコール。ん~、予想してた通りやっぱ暑い!…けど、まぁ…。妻を迎え入れて2P目は妻がリード…まぁ、ツルベなんで当たり前ですけど…。サササーッと登って行ってOKのコール。
f0362263_12391900.jpg
 私がテラスに着くと先行パーティーのリーダーらしきおじさんが「あんたら早いから先行って!」と先をゆづってくれました。で、後はマイペース。と言っても…あんまり飛ばしてもアレなんでのんびり&じっくり…で、3P目からの景色はこんな感じです。
f0362263_12421301.jpg
…で、またあっちキョロキョロ、こっちキョロキョロして…。4P目の終了点から下見ると先行かしてくれたおっちゃんとお姉ちゃんが見えたんでまた写真をパチリ。
f0362263_12395848.jpg
 おっちゃんは上海の山岳ガイドらしいです。
 で、気が付いたら頂上でした。で、また写真をパチリ。
f0362263_12414686.jpg
 後は4Pの同ルート下降で地面に無事帰還。最後の空中懸垂が気分良かったです。

 休憩して荷物まとめて今度はTHE EGGに移動。バイクで約15~20分…。
 途中、道路の大規模工事やっててビビりました!。ただでさえ、皆自由?気まま?好き勝手?に運転してんのにそこにダンプやらなんやら入り乱れて…おまけに砂ぼこりがひどくて前見えません…路面も穴ぼこだらけで…とにかく前しっかり見て「郷に入りては郷に従え」で自分も好き勝手に運転してたら漸く状況になじめました…。
 で、漸く到着。結構人気エリアなんですが、今日はやっぱり熱い為か1パーティーしか見えませんでした。私たちは時間も中途半端なんでとりあえず右から行けるところまで順番に登る作戦。そそくさと準備してドドドーッと登って行って…どのルートも5.10b~5.12aくらいのあだでフェース好きにはたまらんルートが多いです。
 で、右の壁制覇…というところで時間切れ。今日はお開きとなりました。荷物片づけて降りていくと腰曲がったおばあちゃんが急ぎ足で近付いてきて「駐車代5元チョーだい!」との事。そうそう、ここは駐車代いるんです。5元渡して帰路につく。帰りも混とんとした道を「郷に入りては郷に従え」作戦で無事ホテルに到着。ホッと一息でした。

 後は幸せの夕食!。今日は昨日妻が隣の人が食べてる「鍋」がとっても美味そうだったのを見て店の人に「ありゃ、何ですか?」って尋ねてくれてたんで「鍋」!。
 いつも行ってる「大衆向け食堂」はこんな店です。
f0362263_01361124.jpg
 いっつも地元の大勢の人で混んでます。

 で、本日の「鍋」の「麻辣石鍋魚」を注文。
f0362263_01333245.jpeg
 デ~ンと出てきたのは豆板醤ベースの「鯉」鍋!。とってもおいしいです!。
 黙々と食べ続け、最後はお替り自由のご飯に汁ぶっかけてザザザザーッとかき込んで…ご飯大盛り約3杯…。
f0362263_01340072.jpeg
な~んも残りませんでした…。

 腹パンパンになったところで支払いしてホテルへ…と思いきや…ホテルの隣の食堂でお茶会やってて「寄ってかない!」と誘われて…気が付いたらお茶会参加!。
f0362263_01343778.jpeg
腹パンパンの上にガバガバお茶飲んで…さすがに限界で、お暇させてもらいようやく部屋に。
這う這うの体でシャワー浴びたら…後はごろんとベットに横になって…気が付いたら寝てました…。

# by 8a1000 | 2018-12-03 23:30 | REBORNへの道
朝起きて恐る恐る外を見ると…ん~、今にも振り出しそうな空模様…。2日間降られてるんで今日もあまり期待はしてませんでしたがやっぱりガックリします…。部屋から見る道路の路面はビチャビチャ…
f0362263_09522244.jpg
この分だと岩場も推して知るべしという事で作戦会議。TOPOとにらめっこして出した結論は…とりあえず雨でも登れるエリアって書いてあるTREASURE CAVEは外せない…が、そこだけだと時間持て余すので、近くにあるTWIN GATEも壁の色が黄色いという事で雨が当たらないのでは…と考え追加。まぁ、順番としてはまずTWIN GATE行ってダメだったらTREASURE CAVEに移動という事に…。TREASURE CAVEは雨でもOKですからね!。
で、出発。いつものようにスクーター2人乗りで快調に飛ばして到着。学校(分校?)の横にバイク止めて雨でグチャグチャになったあぜ道をとことこ歩いていく…。前方、向かって右がTWIN GATE、左の山の中腹ポッカリと穴が開いてるのがTREASURE CAVEです。
f0362263_09531740.jpg
目指す岩場は前方にしっかりとらえてますので普通に行くと迷う事もないですが、あぜ道がそこかしこに張り巡らされているので、阿弥陀クジみたいになってて最後の詰めで若干ウロウロ…。このころには天気も回復久しぶりに青空が見えてきて晴れ!。ン~、気分いいです!。

岩場に着くとすぐ地元の中国人クライマーがドヤドヤと来てご挨拶。で、仲良くなって色々と情報仕入れる。
で、さぁ、登ろうと思ったら…えらく天気が良くなってきて巨暑!。おまけに湿度がヤバい!。
まぁ、それでも雨よりかは格段にマシという事で登攀開始。1本登る度に汗だく状態…。右から攻めて、ほぼすべて完登…。
途中あまりの暑さに休憩…そしたら地元のクライマーが、手毬くらいある「ヨウズ」っていう巨デカのミカン?ボンタン?くれました!。
f0362263_09543844.jpg


f0362263_09542988.jpg
グレープフルーツっぽい味でおいしかったです!。中身の色がピンクと白があるといってました。

TWIN GATEで登るルートが無くなったところで今度はTREASURE CAVE(BROTHER'S CAVE)に移動。再度バイクでちょこっと移動してケイブに続く石段の道を黙々と登る…。大きい方のケイブのTREASURE CAVEに到着してルート見たら…ほぼ登ってない感じ…で、隣のBROTHER'S CAVEに…。TREASURE CAVEを通り抜けてちょっと下るとBROTHER'S CAVEの入り口に…。入り口から見るケイブはなんか不思議な感じでした。
f0362263_09551025.jpg
取り付きに降りていくと結構な賑わい。アメリカ人が10人くらいいてました。
ケイブから見る景色は結構きれいで、山々が遠くの方まで続くいているのが見えました…。
f0362263_09572776.jpg
一通りウロウロした後、そそくさと準備して登攀再開。ぐるっとケイブを一周するように登って、ここもほぼ制覇…。私たちが終了する頃にはだ~れもおらず…みんな帰ってました。

今日は久しぶりに太陽見れてよかったですが、とにかく暑かった!。で、湿度が異常!。ホテルに帰って階段上がるときに床と壁見たら露でビチョビチョ…。ジミーちゃん曰く「今日は異常だね!」。部屋に帰ってテレビ見ると、どこも異常なようでニュースで色々やってました。で、これは結構イレギュラーな事なんだと納得。

あぁ~、明日こそは何とかフツーに戻ってほしい!…切に願います…。

# by 8a1000 | 2018-12-02 23:30 | REBORNへの道

WINE BOTTLE

 朝起きると今日も雨…。
 2日目の雨となるとどうしたらいいのか…。
 昨日の感じではザザぶりという事にはなりそうにないので黄色い壁のとこならいいんじゃないかと思いますが、ただ湿気が異常なくらいに激しいんでヤッパ易しめのエリアの方が…。
 という事で、今日はWINE BOTTLEに決定。

 今日もスクーター2人乗りでいざ出発!。
 岩場に着くとさすがに今日はだ~れもおらず…。岩も色変わってシケシケ…。「そりゃ、こんな日はフツー登らんわな~…。」と妻と話しつつ我々は登攀開始!。
f0362263_11303908.jpg
とりあえず5.9~5.10aを3本ほどダダーッと登ったところで雨が強くなり雨宿り…。ちょどいいコルネがあったんで助かりました。
f0362263_11315018.jpg
で、小雨になったところで再度登攀開始!。5.10b~5.11dを右から順番に登って行って総ナメ…ほぼ全てのルートを完登して登攀終了となりました。岩はシケシケおまけに途中で雨宿り休憩挟むような条件でしたが何とか今日も行動できて幸せ!。さすがに今日は誰とも会いませんでした…。

 ホテルに帰った後は幸せの夕食!。
 「何食おうかなぁ~」と悩んでたんですが、妻が初めてという事もあり奮発して陽朔名物の「卑酒魚」を食べることにして出発!。ウロウロお店を物色して…で、1店だけやたら人の入ってる店があったんでそこに決めて店内に…。まずはいつも通りビールを2本頼んで…それからマーボウ豆腐と野菜の炒め物…で、鯉の「卑酒魚」!。
f0362263_12022569.jpeg
魚の種類は鯉の他、ナマズ(毛無魚)、草魚、レンギョなんかから選べますが、滋賀県民の私たちは鯉が一番なじみがあって、且つ安いです。
 料理が出てきてまた失敗!。そうそう、どれも盛が大きいので一皿2人で十分すぎるくらいの量!。つまり3品で4人で食っても十分な感じ…。しか~し!美味さにつられてバクバク食って完食!。あぁ~、腹いっぱい!。
無事会計済ませてホテルへ。

ウロウロ歩いてると露店で果物売ってたんでバナナと柿を6元で購入。
f0362263_12025010.jpeg
で、途中の乾物&牛乳&雑貨のタバコ屋みたいな店でヨーグルトも買ってようやくホテルに帰還。
最後にヨーグルトにバナナ入れてデザート…。中国のヨーグルトはギリシャヨーグルトに似てて美味いです…が、やたら甘い…。果物たんまり入れて希薄してちょうどいい感じです。

という感じで、パンパンになったお腹さすりながら別途に横になる。
「明日こそは晴れてくれ!」と念じてたらいつの間にか寝てました…。

# by 8a1000 | 2018-12-01 23:30 | REBORNへの道

SWISS WALL:Cheese~Chocolate

 朝起きると小雨…。
 出だしからヤラレてます…。まぁ、しゃーないか!。
 と、気を取り直して濡れてても何とかなりそうな易しめのエリア…アッ、そうそう去年も行ったSWISS WALLなら何とかなりそうという事で出発!。
 フロントに下りるとすでに電動バイクが用意されていました。さすがジミーちゃん心得てます!。で、ジミーちゃんが気を利かして電動バイクに雨除けのシェード付けてくれてました。
f0362263_10390663.jpg
 なんともはや恥ずかしいですが走り出すとなかなか便利です。ちょっと前方が見えにくいですが…。

 岩場に着くと当然誰もおらず…と思いきや白人2人がすでに登ってました。
 壁見上げると予想通りシケシケでところどころ濡れてます…。まぁ、想定の範囲内という事で登攀開始。
f0362263_10395691.jpg
 まずはCheese Wallを右から順番に5.8~5.10bをダダーッと総ナメ…。途中雨が強く振り出したんでとりつきに有るあずまやに一時退避したものの、まぁまぁ順調に事が進み、登るルートもなくなったんでChocolate Wallにプチ移動。
 雨宿りのせいで時間食ってしまってギリギリの時間帯でしたが5.10cと5.11cを2本登って終了。
f0362263_10403760.jpg
湿気てましたが、まぁ登れました…。
 という事で初日は快適とは言えませんでしたが何とか行動することができました。

 ホテルに帰って、近くの大衆食堂?で飯食って…。いや~、去年と一緒のとこですがウマいです!。衛生状態も私たち夫婦にとっては何の問題もなし!。昨年の私と同じく妻も30年前によく中国に来ていたんでこの変わりようにビックリしてました!。当時のこと知ってる人はみんな同じように感じると思います!。

 で、腹いっぱいになった後はブラブラしてホテルへ…。と、前方でなんかやってる!?…。盆踊り?モダンダンス?近付いていくと…健康踊り?ボケ防止?…とにかくなんか皆で中国のトラディショナルな音楽に合わせて振付付けて踊ってました…?。
f0362263_10412045.jpg
いろんなグループあるようで4グループくらいありました。が、やっぱりここも競争社会…人気グループとそうでないグループが一目瞭然。何故かフニャフニャ、クネクネの踊りが人気絶大!。ちょっと動きのあるグループは平均年齢は若いものの8人くらいしかいません…。
 まぁ、なんというか見てるといろいろ人となりが見えて…周りの様子見てなんとかそれ風を装ってる人もいれば、必死にまじめに黙々とやってる人もいたりして…面白いんで小一時間ほど見学…。

 で、ホテルに帰ると思いきや…なぜか「散髪」!。
f0362263_10420026.jpg
f0362263_10423190.jpg
日本で切りたかったんですが出発前はずーっと忙しくて行く暇がなく…。昔は海外行くたびに現地で散髪してました。利点は「安い!」こと…。特にネパールやパキスタンの路上は安かった記憶があります。で、今回は昔思い出してという事で…。
 飛び込みで入ってみました…。あまり期待してませんでしたが、こってり1時間!。で、50元!。フツーに上手いです!。ただ…腕は確かですが、ハサミが悪い!。もっと切れるハサミ使ったら日本でもやれるレベルです。
 で、大満足でホテルに帰宅。
 
 あとはテレビ見たりウダウダして…「きっと明日は晴れるはず!」…と期待を込めて就寝となりました。

# by 8a1000 | 2018-11-30 23:30 | REBORNへの道