人気ブログランキング |

オペから復帰そしてREBORN・・・


by REBORN
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2018年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

re開拓…一段落です!…

 とうとう梅雨入り…。あれよあれよという間に春のシーズンも終わりうっとうしい季節がやってきました。
 結局シーズン後半は近所の岩場のre開拓に明け暮れて他な~ンもできずじまい。今シーズンはボルダーの開拓も進めたかったんですけど全く行けずじまい…他のリードエリアの開拓にも行く予定でしたがこちらも持ち越し…。まぁ、おかげで何とか1エリアは何とかなったんで良しといったところでしょうか。

 最後は雨との戦いとなって毎日天気とにらめっこ状態。合間合間の作業とトライ。入り口のTRフェースに限定課題含めて3課題(5.9~5.11aくらいの…)つくって…で何とか梅雨入りした後に最後の課題だった「フィンガーラインの」左のフェースのTR課題を完登してギリギリセーフ…。この日を逃したらもう後は無かったと思います。気温も湿度も高くてヌメヌメでしたが何とか登れてよかったです。
 ボルト埋めてリードルートにしようかと思いましたが、ちょっとシチュエーションに難あり…。まずは後ろの岩が近くて…かなりボルト位置を精査しなければならない事と欠けそうなホールドがあってそれ欠けたら不可能になるか、何とか解決できたとしても再度ボルト位置を変えないといけないので…その辺の事情を総合的に判断してとりあえず今のところはTR課題という事にして様子を見ようという事にしました。フィンガーラインから取り付いて出だしのバンド状をハンドトラバース気味にフェースの中央にトラバースして後はフェースを直上…意外に悪いです…5.11c~dくらい?…でもこの気温と湿度で登れてるんですからいいシーズンにやればググーっと易しく感じるかも?。まぁ、いずれにせよTRと侮るなかれ!…結構渋いです!。名前は「NO RAIN(ノー レイン)」。

 あとは、季節良くなったらあと2本くらい可能性があるんでトライしてみて終了かな…と思ってます。  あぁ~、早く冬来ないかなぁ~!…。

 あっと、そうそうメインの岩の「く」の字フレーク~カンテ回り込んで~スラブの名前決まりました!。「Resist of mind(レシスト オブ マインド)」ん~、カンテ回り込んだら地面スレスレでバランシーな動き強いられるんで心が弱いと足ついちゃうかも…。グレードは大体5.11cくらいでしょうか?…。まぁ、何回も言いますけど私のグレード感覚あてにならないんですが…。
 という事で近所の岩場はまた季節良くなってからこうご期待ということで…。

 その後は6/17に梅雨の最後の晴れ間にダメもとで芹谷に行きました。気温はまぁまぁこの季節にしてはまだましな方でしたが…ヒルが…。アプローチ中も地面見ると目視できるほど…。ちょこちょこッと歩いては岩に乗ってチェックして…を繰り返してようやく岩場に到着。
 以外にも岩は思っていたほど染み出しも激しくは無く意外に乾いてました。
 さすがにこの時期クライマーは少なく私たちの他には2人だけ。静かな一日となっておかげで最後の晴れ間を満喫できました。

 まぁ、これ最後でしょう!。後は7月中旬に出発する南アフリカまでは人工壁…。まぁ、仕方ありませんよね~…梅雨なんですから!。

by 8a1000 | 2018-06-19 23:30 | REBORNへの道

近所の岩場…re開拓…

 またまたご無沙汰していました!。
 え~っと…前回の記事は何だったっけか?…アッ、そうそう、リードジム!…で、地鎮祭!!。無事済んで何よりでした。その後、ボーリング調査も無事終了!。現在、各種申請の書類と設計図書を完成さすべく日夜「あ~でもない…こ~でもない…」と頑張ってます!。

 それはそれとして…クライミングの方はというと…。ここ10日ほど近所の岩場に入り浸り…。というのも、今冬に再整備を!…と心に誓ったものの…一向に進む気配無く…と言うか…なんだかんだと理由をつけて腰を上げずじまい…。なんせ、再整備するには過去の遺物のボルトラダーを撤去しなければならず…その労力たるや創造にたやすく…考えるだけでもどっと疲れが…。しかし、今冬の決断の時に知り合いにボルト撤去の承諾まで取って頂いた手前逃げ出すこともできず…。
 で、意を決してようやく出撃!。ボルト抜きまくって撤去完了までに約4日…。まぁ、既成ルートの打ち替えもやりながらですが…。終日朝から晩までロープにぶら下がってハンマーとバール振り回してたら右肩一撃で痛くなりました。
 
 妻と共に来る日も来る日も作業…。ボルト抜いて、既成ルートを再整備して、新ルート増やして、ごみ撤去して…。最後は息子も来てくれて新ルートを数本第2登してくれました。
 お陰でルート長こそはハイボールに毛の生えた様なものですが内容は「濃い濃い!」ルートが10本強程度!。いい岩場になりました!。
f0362263_21004308.jpg

タヌキスラブ 5.10c/d


f0362263_10243322.jpg

フィンガーライン 5.11a


f0362263_21042506.jpg

ロデオボーイ 5.11c



 で、大体グレードは5.8~5.12aくらいの間…だと思います…?。まぁ、一説には私のグレード感は崩壊してるらしいんで、いつものことながら皆さんの意見で大幅に変わる可能性がありますが…。

 グレードはさておき「ボルダリーなルート内容」「岩質の悪さ」など総合的に見てある意味「濃い岩場」であることは間違いないでしょう!。

なお、終了点と完登には一部のルートを除いてルールを設けました。
1.終了点にまわれるルートの終了点がボルトの場合はハンガーのみにする。(残置ビナやロワリングステーションは設けない)壁の途中や終了点にまわれない場合はロワリングステーション(リングのみ)にする。
2.終了点に大木(概ね直径20cm以上)やクラックシステムが無い場合はボルトを打つ。
3.原則的にルートはトップアウトにする。(マロンスラブダイレクトは途中終了になってます。)

まぁ、たいそうなルールじゃありませんが私としては近年のクライミングを取り巻く状況を見ていると若干の「労力」がいる岩場にしたいと思いました。
クライマーたるものやっぱ終了点のボルトや立ち木を使ったアンカーぐらいは作れないとと思います…。で、ルート短いんだからランナーをロワーダウンで回収した後は作った終了点はまわって取りに行けばいいだけのこと…ものの5分もかかりません!。
ついでに言えば、ロワリングステーションでの結び変えもクライマーなら必須でしょう!。なにも難しいことではないし特別な事でもありません。使い古した残置ビナよりリングの方がよっぽど安全です!。利便性を追求するよりひと手間かける方がよっぽど真っ当だと思います。
 
 小言はそれくらいにして…。
 とまぁ、そんなこんなでつゆまでには一段落したかったんですが如何せん気温が高すぎて1本残りそうです…。ん~、一段落するのは秋以降になりますかね…。


by 8a1000 | 2018-06-03 23:30 | REBORNへの道