人気ブログランキング |

オペから復帰そしてREBORN・・・


by REBORN
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2018年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

 帰国後初のセットです!。
 今回は三重店スタッフのKの一声で意を決して通称「ブルーマット」のリニューアルを決行しました!。

 実はこのエリアは5年間課題を変えずにずーっと温めてたエリア…。というのも、このエリアはキッズ課題の宝庫で今メインエリアで登ってるユースやキッズの子供たちはこのブルーマット課題の「高~いハードル」を越えてきた子供たち…なので、これを変えるとなると…何かチョット…まぁ、スタッフ含め、私たち、そして何よりも子供たちや保護者の方々の思い…あの何年も苦労して越えてきた時間と全完した時の感激が目の前から消えそうで…。

 現実的には冷静に見てちょっとやりすぎ感が否めないのも事実。この課題、全完出来たら十分すぎるくらいの内容…。なのに…ここではこれ全完してからが始まりなんです…。ん~、難しいところですが、ここはちょっと「冷静に現実を見よう!」という事で…まぁ、平たく言うと「是正」…です…。

 で、月一回の定休日を利用して滋賀店・三重店のスタッフ総出で大人と子供の課題、総数50本以上を1日半でセット!。ん~、まぁ、大変でした…。
 皆さんの頑張りのおかげで何とか無事に済んでホッとしてます。後は子供たちや皆さんの様子見て、マイナーチェンジしながらいい課題になればと思っています。

 今回のリニューアルを一番渋っていたのは他でもなく私だったんですが…終わってみると「ん~、やってよかったかも!」って思いました。壁もきれいになったし、ホールドもピカピカ!。何よりも課題が新しいという事が純粋に楽しいです!。特に子供や初心者の方にとって、いい刺激になればと思います!。

 で、来週も三重店セットです!。今度はメインウォールで「ショートリーチ課題」のセット!。これ結構滋賀店では人気なんです!。特に女性!。リーチに配慮した課題なんで身長高い人には飛ばせたりするんですが、それはそれとして置いといて、リーチ合う人にとっては結構しっかり登って行けるんでやる気出ます!。
 乞うご期待です!。

 まぁ、何はともあれ、無事終わってよかったよかった…。
 

by 8a1000 | 2018-04-17 23:30 | REBORNへの道

芹谷 & 肘イタイ…

 帰国後2日。溜まってた案件を処理しつつも時差ボケか何だか…ボーっとした感じで何ともなりません。
 おまけに、帰国寸前で何だか痛くなってきた左肘が、帰国後日に日に痛くなってここ2日で顔洗うのも「ウっ!」と感じるくらいになって…で、昨日あたりから右も少し痛くなってきて…別段なにしたということは無いんですが何なんでしょう「???」です。
 天気を見ると今日は夕方から豪雨らしい…。このまま家の中で事務仕事してたらお昼寝が入ってしまいそうで…そうなると何時まで経っても時差ボケ治んない…。という事で今にも降り出しそうな空模様ですが、夕方までは持つはず!。そう信じて妻と2人で芹谷に行くことにしました。

 息子を学校に送り出して、ちょこっとだけ仕事してGO!。

 駐車場に着くと「今日は誰も居ないんじゃないの?」…と言う我々の予想を裏切って(?)すでに1台車が止まってました。

 岩場に着くと同業の知り合いでした。

 私たちは何だかボーッとしたまんま取り急ぎ右から順番に登っていく。
 さすがに雨の前だけあって壁は乾いていましたがシケシケ…で、やっぱ肘痛くてギュっと「力」入れられない…お世辞にも快適なクライミングとは言えませんが、私たちの目標は「昼間寝ない事!」…。とりあえず眠さと痛みに耐えて淡々と登る。

 4本くらい登ったところでついに雨…。ん~、結構降ってるなぁ~…どうしょう?…となりましたが、知り合いの同業者が「屋根あるから大丈夫ですよ!」と明るく言い放つ…。いやいや、ありゃ~屋根じゃないでしょ…とはるか頭上の「左巻き」のルーフを見上げる。案の定顔には雨が…。

 そうこうしているうちに雨が止んだので、まぁ夕方までは大丈夫でしょう!ということで登り続けることに。

 で、ジムもあるんで、その後2本登って15:00くらいに我々は退散。

 ジムに帰ったら久しぶりに顔を合わせた常連さんとギリシャの情報交換。

 で、夜は常連さんと久しぶりにセッションして…やっぱり肘痛くて…。気が付いたらちょっと悪化したような…。
 ん~、まぁ、仕方ない…。様子見るしかないでしょう。

 てな感じで、なんだかんだと結局1日中登って一日を終えました。

by 8a1000 | 2018-04-11 23:30 | REBORNへの道

帰還2日目

今日は帰還2日目。
早朝3:30出発でアテネの空港に向かう。
当然安宿のカウンターにはだ〜れもおらず…昨日の話では「カウンターにテキトーに置いといて!」との事だったのでテキトーにキーをおいて勝手にドア開けて出て来ました。

チェックインしてセキュリティー通って空港内へ。眠気でフラフラのまま搭乗
f0362263_12580798.jpeg
気がついたら離陸。アテネの光でも写真に収めようかと思ったら…離陸後いきなり海上へ…当然下は真っ暗…諦めて寝ました。

で、気がつくと、オランダ、アムステルダムのスキポールに無事到着。
f0362263_12590681.jpeg
なんと待ち時間が6時間あるんで街に出る事に。思い返すと、こんなにこの空港使ってるのに街に行くのは初めて!。
で、これまたなんの情報も持たずに街に繰り出す。

電車で20分ということで、とりあえずチケット買って乗り込む。
f0362263_12594960.jpeg

で、中央駅にあっという間に到着。

外に出てアテネとのギャップにびっくり仰天!。
さすが西ヨーロッパ…かどうかは分かりませんが…なんか…アテネからいきなり来た私たちは街の勢いに「すごいな〜…」と溜息が…。

とりあえずまぁ、中央駅出て駅を振り返って「おぉ〜!」…。
f0362263_13361614.jpeg
デカイです!。

で、さすが自転車大国…駅の横には自転車の山!。
f0362263_13103767.jpeg

駅前はというとコレも「おぉ〜!」すでに運河がお出迎え!どこかTVで見たことあるような景色が広がってました。
f0362263_13100238.jpeg

で、どうしようか?…ということになって…とりあえず王宮のあるダム広場目指してキョロキョロしながら歩き始める。ダム広場までは駅から一直線。わかりやすくて助かりました。で、王宮見て「お〜!スゲ〜…」…。
f0362263_13011402.jpeg
次は運河と運河を繋ぎながらあちこち阿弥クジのように通りを縫いながら花市に向かう。ドーっとちゅうりっぷの球根が売ってました。
f0362263_13114041.jpeg
で、切り花もありましたが私たちは冷やかすのみ…。で、花市の終わりの時計台まで行って…。
f0362263_13122278.jpeg
で、久しぶりに美味しいコーヒー飲みたくて「どっかカフェにでも入ろう!」という事になって…コーヒーもいいんですがさっき見たクレープが気になるという事でクレープ屋さんにGo!。
で、妻と息子はクレープとワッフル食べて…
f0362263_13140355.jpeg
f0362263_13141621.jpeg

f0362263_13134772.jpeg

私は久しぶりに馴染みのあるコーヒー飲んで大満足!。
f0362263_13143021.jpeg
ん〜、やっぱおいしいな〜!…。

で、後はまたあちこちウロウロ。
有名な「飾り窓」の通りを通って息子に色々説明…。
f0362263_13162073.jpeg
で、中央駅に無事帰って来ました。

アムステルダムはヨーロッパでも人気の都市だとは知ってましたが、街に行ってみてその理由がわかりました。どこを歩いても絵になりますし、街並みも良く残されて居て、雰囲気最高です!。
どこを歩いても下の写真のような感じです。
f0362263_13181959.jpeg

f0362263_13184934.jpeg

f0362263_13190222.jpeg

妻はもともと建築デザイン畑なので私たちは建物の説明受けながら全く知識なくても面白く見ることができました。
古い建物は昔の「節税の工夫」で故意的に前に傾いて立てられてるらしいです!。
f0362263_13201552.jpeg
なので結果的に均一な建物の連立でなく、不揃いな建物がびっしりと立ち並ぶことになり、今やそれが結果的にいい味を出してます。
後は私個人としては他の内陸ヨーロッパ諸国の石造りの建物と違い、レンガ造り(?)の建物が多いことが特徴に感じました。なので街の色合いが他の国とは違うな〜…と勝手に思って眺めてました。

まぁ、何はともあれ結構充実した時間を過ごせて大満足でした!。5時間以上の待ち時間がある方は街に行ってコーヒーだけでも飲んで帰って来た方がいいと思います。再度空港内に戻る時もスムースに帰ってこれますし、セキュリティーもストレスに感じるほど混みはしませんでした。大体、市内から搭乗ゲートまで1時間程度でした。興味ある方は一度お試しあれ!。

ということで駆け足のアムステルダム観光も無事終了し搭乗ゲートへと帰ってこれました。あとは搭乗して帰国…。

気が付いたら日本に向けて離陸…。
コレで否が応でも帰国となります…。

なんかいつも帰国の時に少しさみしい気持ちになるのは私だけでしょうか?…。

あぁ〜、一生登って過ごしたい!…強く願う今日この頃です…。

by 8a1000 | 2018-04-08 23:30 | REBORNへの道

帰国開始

今日から帰国開始。天気も昨日と同様で雷雨予報…。
f0362263_20044863.jpeg
まずはアパートを引き払ってアテネに移動。で、アテネ観光の予定です。

と言うことで立つ鳥跡を濁さず…みんなでアパートを掃除…綺麗になったところで今度は荷造り…。
f0362263_20052321.jpeg
以外にも簡単に荷造りが済んだんで、管理人さんとの約束時間までゆっくり過ごす。

管理人さんが来て鍵を返して引き渡し完了!。ん〜、Leonidio からは少し遠かったけど快適でいいアパートでした!。「また来いよ!」「ん、また来るよ!」とがっちり握手してアパートを後にしました。

あとは来た道をアテネに向けてひた走る。途中アルゴスのスーパーでお土産やなんやかんやと買い出し。
f0362263_20125189.jpeg
アテネに近づくにつれ空模様が怪しくなり、ついに雷雨…。
f0362263_20113697.jpeg
折角の観光が…まぁ、とにかくホテルに行って様子を見るしかない。

郊外の住宅地の真っ只中にある安宿になんとかたどり着いてチェックイン。ん〜、久しぶりに英語通じない宿に泊まりました…あとはなんと言うか…まぁ、一昔前の安宿の典型!…私たち夫婦はちょっと懐かしかったですが、息子は常に苦笑い…まぁ、こんな宿もあるんですよね〜…これも経験です!。

なんだかんだしているうちに雨も止んだのでいよいよアテネ市内に繰り出す…が、どうやって出よう?…。
取り敢えずたどたどしい英語のスタッフに尋ねて…メトロでと言うことがわかったので駅まで徒歩。約1kmで到着。で、どうしたらいいのか?…よく分からないので駅の切符売り場で係りの人に色々と訪ねて解決。
f0362263_20175418.jpeg
1回乗り換えでAcropolis まで出てあとは、まぁブラブラなんとかなると言うことで…。

途中の乗り換えで、同乗してたおっちゃんにアドバイスもらって無事Acropolis駅に到着。28年ぶりに地上に出たら…まったく記憶なし!…ん〜、人の記憶ってこんなもんなんですね…ただ、いまの街よりもっと雑然としていたような気がします。
とにかく石畳が敷かれたりして「綺麗」です!。

パルテノン神殿は目の前に見えてるんで、よく分からないんですが人の波に乗ってそっちの方に3人でブラブラ歩いていく。自動的にパルテノン神殿に到着…が、ショック!。イースターでお休み…中に入れない!。せっかく楽しみにして来たのに…。
で、仕方ないんで前の岩の上の展望台から市内と神殿を眺める。
f0362263_20200082.jpeg


f0362263_20210837.jpeg
ん〜、ここでも十分来た甲斐あります!。市内一望!。大きなビルがなく、細かい家がずーっと続いていて…どこか中東を思い起こさせる風景でした。

で、確かどっかで登れるはず…と辺りを見回すもそれらしき雰囲気ではなく…確かTOPO にも書いてたはず…と思ったら、大きな勘違い!。
多分、当時一緒居た友人と「この辺も登ろうと思ったらどこでも登れるね!」的な会話や地元の人に「あんな感じのとこ登ってるのか?」とか行った会話したのを勝手に変に記憶してたんだと思います。
で、TOPOしっかり見たら市内のもっと南の山に印がありました。この間ブログ書いた時(4月3日)はサッと見ただけで勝手に判断してしまいました。誤情報で申し訳ありませんです!。今後気をつけます…。

で、あとは市内をひたすら歩く…。
パルテノン神殿を反対側に降りて…
f0362263_20215873.jpeg
お土産物屋さん通りをブラブラして…
f0362263_20223368.jpeg
シンタグマ広場に行って…
f0362263_20230704.jpeg
議会見て…
f0362263_20233257.jpeg
で、ゼウス神殿行って…
f0362263_20243768.jpeg
元のAcropolis 駅に帰りました。
市内の随所に遺跡や遺構があって、小ローマみたいな街でした。
f0362263_20250122.jpeg

その後はホテルに戻って夕食に…と思ったら…レストランもイースターで休み!…ありえへん!…仕方なく開いてるカフェで夕食済ませて…
f0362263_20265104.jpeg
帰りに空いてるパン屋でデザートのクッキー買ってホテルに帰りました…。
f0362263_20273484.jpeg
ん〜、残念無念…結局、ギリシャ料理、1回も食べてません…絶対リベンジしてやる〜!…と誓って就寝でした。

by 8a1000 | 2018-04-07 23:30 | REBORNへの道

HADA

今日は朝から不穏な雲が空一面に広がってました。
f0362263_14284044.jpeg
天気予報によると今日はT-Storm …つまり雷雨の予報です。丁度、ギリシャは今、イースターの真っ最中。今度の日曜がクライマックスでLeonidio の街も盛大にお祭りらしいです…。なのでここ2〜3日、人が日に日に集まりつつあって、街に人が増えてきました。おかげで駐車場もパンパン…時間によっては止められないことも。
この雷雨とともに名実ともに夏の到来ですかね〜。

で、この前街でY夫妻と会った時に「HADA cave」は雨に強い!…という情報を得ていたので「行くなら今日でしょ!」という事で、今日はHADAに…。
HADA初…ということで楽しみ!…TOPOによると高難度ルートの開拓の可能性のポテンシャルはMax!…とは書いていませんが、それなりのことは書いてます!。なのでこちらも期待感Maxで出発。

駐車場に着いて、荷物担いでアプローチの入り口に着くとなにやら看板が…ん〜「XA△A」…なんやらよー分からんけど、どうやらコレで「HADA」と読むらしいです…。
f0362263_14304751.jpeg
で、「間違いない!」ということで安心して出発!。と思ったらいきなり分岐…ん〜、なんか書いてる?…といことでよく見ると…左は「River path」…右は「Mountain path 」…。
ん〜、どっち行くん?…TOPOには確か、ダーっと登ってパス超えてドーッと行って、今度はリバーベッドにズズズーっと降りてその後リバーベッドをトコトコ行ったらCaveに上がるFix見えるから最後はそれをグイグイ登ればいい…的なこと書いてたんで迷わず「Mountain path 」へ…。

で、ダーっと登って行ったらヤギ出現!。丁度ヤギの放牧と重なってしまって牧羊犬に睨まれて…ちょっと犬との間に不穏な雰囲気…仕方なくヤギの群れの後方から一定に距離を保ってジリジリとつけて行く…で、犬がこっち見たら止まって…「ダルマさん転んだ」状態でしばらく前進。
ヤギの群れがアプローチから外れた隙をついてパパーっと追い抜かしてホッと一息…。
牧羊犬って仕事に忠実で賢いんですよね〜。ちょっとでも変な雰囲気醸し出すとずーっと監視して見張ってるんですよ…見張られてると結構威圧感あって怖いです…。

ヤギ待ちの間、地面見たら新しい花発見!。で、写真をパチリ!。
f0362263_14320258.jpeg

f0362263_14313655.jpeg


f0362263_14311455.jpeg
ん〜、エリアが違うと植生も違います。

ヤギの群れをかわしてなんとかことなきを得たあとは迷うことなく岩場に到着。
f0362263_14322961.jpeg

いっしょにアプローチに入ったもう1パーティは「River path 」使ってすでに到着済みでした…。

で、ようやく到着でしたが、なぜかガンガンに日が当たって酷暑…。
f0362263_14325059.jpeg
陰るのはどうやら14:00〜15:00くらいのようです…。
じっと待ってても仕方がないので、とりあえずHappy new near 6b+から開始。3人とも暑さにめげずに完登。で、次はSkilisia apodrasi 6cと立て続けに日向で登る。
f0362263_14293515.jpeg
その頃には、ようやく右の壁が日陰になってきたのでPiranha 7a+をもう1本登ってウォーミングアップ終了。

で、何やろうかな〜…ということで壁を見回す…壁は大きいのだがTop outしてるルートが無くどれも途中まで…ポテンシャルは確かに大きいんだけど…ちょっと来るのが早すぎた???…まぁ、10年20年したら凄いんでしょうね〜!。

左のCaveの左端の方に良さげな8bがありましたが、ちょっと行くのが遠く感じたので短いが、取り敢えずFirst blood 8a+にターゲットを絞る。
1トライ目…舐めてました…反省…ティックに騙された挙句…ボルダリーなムーヴに???…反省です。で、息子も同じくティックに騙されて…。

2人のトライが終わる頃には雲行きが怪しくなって…挙句の果てに天気予報通り「雷雨」。ザーザー雨降ってきてビカビカ雷なって…雨は全くかかりませんが、一時クライミングを中断して雷通り過ぎるのを待つ。

天候も落ち着いたところで2回目のトライ。今度は首尾よく完登。
f0362263_14300423.jpeg
これで34/1000。
f0362263_14302743.jpeg
息子もさっくり登って…。あとはBooz 7c(OS)やって人気のTrufa 7b(OS)やってギリシャでのクライミングを終了しました。

帰りは雷雨の中、慎重にFixを下降。
f0362263_14331858.jpeg
落石に気をつけながらRiverbed pathを使って駐車場まで帰りました。Mountain pathとRiverbed path…ん〜、私はMountain pathかな〜…。

まぁ、思い返すと前半戦は天気に苦しんで思うように登れず、どうなることかと思いましたが…後半戦は天気も回復、夏日模様で今度は暑さがネックになるほど…。
全体的にはよく健闘した方だと思います。今回はエリアも2回以上行ったのはElonaのみ。それも濡れてて仕方なくといったところ…。で、2日続けて行ったエリアはなく、「その日の完登」を目指しました。
まぁ、結果的にそれもほぼうまく行って、まぁ満足してますが、欲を言うと切りがなく…もう少し登りたかった!…。
まぁ、また来りゃいいか!と言うことで余った食材で乾杯して就寝でした。

by 8a1000 | 2018-04-06 23:30 | REBORNへの道

Mega Kante

今日もド快晴。
f0362263_15145708.jpeg
さて何処に?…昨日の話では4/6(金)の天気が怪しいので、Mega Kanteに行くのは今日しかない!という事になり本日決行!。
どうせMega Kante行くなら下からでしょ!…という事でマルチ登ってアクセスするという計画立てて朝からギアを準備する。
下からのアクセスなんでマルチ部分のリードは私担当。回収は妻担当、ザックと最上部のメインルートのMega Kanteは息子担当ということで出発。
え!…私はMega Kanteやらないのか?…って???。いや〜、無理でしょ!。チャンスはあっても2回しか無いんで…まぁ一応触ろうとは思いますが、期待なしです…。昨日の疲れもあるんで妻とともにマルチで楽しんで明日に備えると行ったところですかね〜。

で、駐車場に着いて愕然…息子ヘルメット忘れる…一喝して仕方なしに上からのアクセスに予定変更…。

また車に乗車…重苦しい雰囲気の中上の駐車場に向かう。

上の駐車場に着いて外に出ると…結構涼しい!…下界とは体幹5度くらい違います…いい風もあるし…。
TOPOには「Very hot」的な事が書いてありましたがこれなら快適にクライミングできそう。

で、アプローチはと思ってあたりを見回してもな〜んも無い…。
見えるのはヤギ小屋と町からも見える頂上の「旗」。TOPOによると…頂上の旗から200m程度海側に各ルートの下降点があるとの事。
f0362263_15160127.jpeg
「多分、あの窪みのとこらへんじゃないの?」という事で適当に大地を横切って行く。なんかイタイタの灌木があったり、カルスト特有のの尖った岩で平坦な割には少々歩きにくいが見通しはいいので迷うことはほぼ無い。

歩いている途中、なんか「ジャキジャキ…」って音がするんで足元見ると…デタ〜、なんかモコっとしたデッカイ亀が草食ってました。
f0362263_15165258.jpeg
あ〜、ビックリした〜…で、再度前進。

ギリシャの岩場は何処へ行っても足元にいろんな花が咲いてて綺麗です。色々行ってますがこんなに花がバーっと咲いてるところは珍しい。いい季節にきたもんだな〜と毎日実感してます。花好きな人はこの時期オススメです!。
では、昨日から撮った花の写真をご覧あれ!。
f0362263_15175741.jpeg

f0362263_15184942.jpeg

f0362263_15250297.jpeg

f0362263_15252256.jpeg

f0362263_15260298.jpeg

f0362263_15262145.jpeg

f0362263_15264362.jpeg


f0362263_15272605.jpeg

f0362263_15270679.jpeg

こんな花が足元いっぱいに咲いてて、それ踏みながら岩場に行きます…日本だったら愛護団体に即リークされそうですが…。

で、下降点発見。
f0362263_15303242.jpeg
下を覗くとMiraというマルチルートを登ってきた2人が下に見えたので「Mega Kanteやりたいんで下降していいか?」と聞くと「OK!」との事。

で、MIraの最終ピッチのバリエーションである6c+を下降。

ビレイ点を通り越してなおも下降…トポではMiraからアクセスできる事になってたんですが下降して見ると…無理〜!…っという事で最後は強引にMega Kanteのビレイ点に振り子とテンショントラバースしてチェーンをキャッチ!…一瞬心の中で「ナイス!」と叫びました。

下降時に一瞬、まぁ、大丈夫なんで簡易懸垂でいいか…と思ったんですが、息子の手前、きっちりバックアップ懸垂を見せてやろうと思ってしっかりやったのが良かったです!あぁ〜、舐めた事したらあかんなぁ〜…と反省。

で、2番手の息子は荷物背負った息子は簡易懸垂で下降…ザックも軽いんで細工する事なく且つ、2番手なんで脱出用のプルージックコードさえあればあとは先行した私がファイアーマンビレイしてるんで手を放しても大丈夫…。
f0362263_15311314.jpeg
無事息子を迎え入れて荷物とギアを整理。ビレイ点がレッジではなくてスリングビレイなんで結構窮屈。妻は上に残るという事にして正解でした!。3人はちょっと無理でした。
で、結構寒い!。ビレイ点がコーナー状で午後からは常に日陰。「Very Hot」どころかジャケット持ってこなかったことを少々後悔…。

用意完了して改めて上見上げると「どっかで見たことあるな〜…」と思い返すと…思い出しました!…20年以上前に登ったヨセミテの「Killer piper」です!。シチュエーションといい岩の形状といいソックリです!。ただし傾斜が違いますが…。まぁ、下降点のアクセスはこっちの方が格段に安全ですが…。

で、息子の1回目のトライ。出だしのポッケどりでフォール…。やはり高度感が邪魔するようで動きが硬い!。まぁ、いきなり150m上空ですから…。その後は着実に高度稼いで終了点に。で、クリップしながらロワーダウン。
ロープ抜いて整理したあと、息子に「すぐ行く?」と聞くと「えっ…やらへんの?」…じゃ〜やろうか…まぁ、今の見てたら確実に出来ないと思いますが…。
で、やって見たら案の定。下部が出来ません…。なので早々に諦めて下降…。息子にタッチ交代。
で、息子の2回目のトライ。
f0362263_15333288.jpeg
サササーっと登って行って完登!。ん〜、流石です…。

私は息子が登ってる間中「どうやって帰るか!」をシュミレーション…まぁ、こんな感じかかな〜…ということで息子の回収が済んで、ギア整理したあと即帰還開始。

まず、息子を下のバンドまでロワーダウン。息子はそのままトラバースしてMiraに合流。で、15mくらいノーピンでMiraを登ってもらい、そのまま登って行ってMiraのビレイ点へ行ってもらって私をビレイ。

私は下降器やフリクションヒッチと利用してセカンドの振り子トラバースの要領で余りロープで自分を送り出してMiraに合流。で、最後はMiraの最終ピッチのバリエーションの6c+登って帰還…。まぁ、何のトラブルもなく速やかに帰還できてホッとしました。

いや〜、久しぶりにセカンドでの送り出ししました…。ビックウォールやってて良かった〜!って思えた瞬間でした。

息子も一応一通りマルチ経験したことがあるんで帰還後一言「ん〜、なんかちょっと思い出したわ!」との事。何はともあれ、いろんなクライミングしといた方がいいということがわかった1日でした。息子もいい経験ができた1日となったと思います。

で、その後は折角だからといつも町から見ている頂上の「旗」を見に行きました。
f0362263_15345956.jpeg
f0362263_15353947.jpeg
で、写真をパチリ!。

あとはまた適当に車めがけて大地を横切って駐車場に無事到着…帰路につきました。

まぁ、今日は私はな〜んもしませんでしたが、それなりに充実した1日となりました。


by 8a1000 | 2018-04-05 23:30 | REBORNへの道

Elona

今日も晴れ。
f0362263_15004002.jpeg
晴れ続きで、きっとElonaコルネも乾いてるはず…という事で今日はElonaに行く事にする。

例の如く、朝からウダウダして…ようやく出発。

岩場の駐車場に着くと車はほぼ満車!。最近は暑いので、日陰エリアのElonaに集中してる模様。岩場について壁を見渡すと…思ってたほどというか…車の感じ程、人はそんなにでもなくいい感じな人出でした。

すでに他の人たちはウォーミングアップ完了まじかか、すでにトライ開始1本目かでしたが…出遅れてる私たちは空いたルートでようやくウォーミングアップ開始。
6a+・7a+とアップして、さてどうするか…。

息子は今日はこの前、濡れてて完登に至らなかったNaturaI mystic 8c。
で、私は…ん〜、やっぱGoliath 8bですかね…という事でそれぞれ開始。

Goliathの方は下部をあ〜だ、こ〜だやってる人がいたので、まず息子先行。テンションしながらムーヴ組み立てて、核心超えて上見上げたら…なぜかハンガーが撤去されていました!…この間は有ったのに…なぜ?…ん〜、よーわからんが取り敢えず登れないんで残念ですがやめる事に…。

で、他にと言っても別段「これは!」というのもなく、やっぱ登るべきはGoliath でしょうという事で私と一緒にやる事に。

私先行でトライ開始。一応OS狙って行ったんですが、諸事情により気持ち萎えて…テンション…ダメですね〜…もっと気持ち入れていかないと…。

で、息子…こちらも諸事情により気持ち萎えて…。

親子揃って恥ずかしい話…。

で、次に順番が回って来たら…日がガンガンに当たって見るからに…激暑…。でもまぁ、順番来たら行くしかない!。今度は気持ち入れて…エイ・ヤー・トーでみんなの歓声を背中…というかはるか足元に聞きながら無事完登。
f0362263_15023691.jpeg
これで33/1000。

で、息子のトライの順番が回って来たのは日没間際…。他のクライマーの歓声をバックに流石にサササーっと登って行って無事完登。
f0362263_15012596.jpeg
怒涛の回収を済ませて地面に降り立った頃にはもう薄暗くなってました。

兎に角このルート…60mあって下部25mは7c…兎に角、登ってて気持ちが途中で萎えるんですよね〜…そこをどう気持ちを支え続けるのかが核心です!…。

まぁ、なんとか二人とも2回目で登れてよかったです…3回は無いな!。

で、速攻撤収して帰路につく。途中スーパーに滑り込んで若干の買い物。
今日の夕食は豚の首の部分のステーキ。この間肉屋の兄ちゃんが思いっきり厚く切ってくれたんで(2cmくらい)食べ応え充分!。腹パンパンで就寝となりました。

by 8a1000 | 2018-04-04 23:30 | REBORNへの道
今日は休養日…。
f0362263_14352880.jpeg
天気は相変わらず最高ですが、別段何もすることがなく…。
取り敢えず、朝から洗濯を2回しました。

で、ギリシャ でのモバイルデータ通信の契約が1ヶ月で3Gなんですが、未だ1G程度しか使ってないことが判明。この契約はギリシャでしか使えない契約なんで、この際使い切らないと損する(?)…ということで色々調べもん…。
とりあえず次のツアーの宿の状況とチケットの状況をチェック…ん〜、早く決めないとやばい感じです…。で、次の調べものはその次のツアー…つまり次の次…の計画をどうしようかと思って色々と調べながら妙案が無いものかと…そうこうしているうちに気がつくと13:00…。

今度は急いでお買い物に出かける。と言っても近所の肉屋さんにブタのステーキ用の首の部分のお肉を買いに行くだけ。ものの30分で帰宅。いつも行く肉屋さんなんで買い物終わって出て行くときに、最近は「ありがとう!」と日本語で店主…で、「エフハリスト!」とギリシャ 語で私達…。ん〜、なんか歪な関係ですがいい感じです。

ツアーも残すところ1ローテーションのみになりました。
思い返すと、な〜んも調べずアテネに来て…いきなりこの幾何学的な文字に戸惑い…何がなんやらわけわからん感じで…「ギリシャ語ちょっと覚えんとあかんなぁ〜」と思いながら、結局覚えたのは「こんにちは」「さよなら」の挨拶に使う「ヤーサス」と「ありがとう」という意味の「エフハリスト」のみ…。未だ数字もちんぷんかんぷんで???です。

実は私、28年前に1度アテネに来たことがあるんです。そん時はアテネの駅で寝て…。で、トルコに行ったんですが、駅で寝泊まりしてる時に市内色々行ったと記憶してます。パルテノン神殿にも歩いて行ったの覚えてはいるんですが(確かその下に岩場があって登れると聞いた記憶があります。今回アテネのトポで確認したらやっぱりありました!)→私の勘違いです!4月7日の記事で修正と経緯を記載してます!…いまいち昔すぎて詳細な記憶がありません。確かシンタグマ広場というのが町の中心で夜ウロウロした記憶があります…。で、今回はリベンジ(?)したいと思ってます。

まぁ、そんな事はさておき…午後からはコンディショニングトレーニングみんなでやって…で、なんかIPhone とIpadさわってたら、勝手に映像を作ってくれてるのを発見。で、みんなでそれぞれどんな映像になってるのか見せ合って大爆笑!。いや〜、勝手にうまく作ってくれてるのに感心しました!。

で、そうこうしているうちに夜になったので夕食を食べて寝ました。

久しぶりにな〜んもしない1日でした…。

by 8a1000 | 2018-04-03 23:30 | REBORNへの道

Nifada

今日も快晴。
f0362263_15251152.jpeg
予報では昼から曇りらしいが、雨は無し!。

で、今日は何処へ?…ということになって…ん〜、昨日の暑さは懲りたんでどこか涼しい所…ということでNifadaに決定。
朝食済ませて、ウダウダして…で、ようやく出発。というのもNifadaは寒くて人がいない寂しい所…という概念が私たちの脳に蔓延っててついつい出発が遅れました。

いつも通りLeonidioの町に入って履行しにくいメインストリートをゆっくり運転していたら…前からなんか東洋人が運転する車が…あれぇ〜…と思ったらY夫妻でした。
車路上に止めて立ち話…色々と近況と情報収集…なんせ私たちの場合、あんまり出発前に調べることせずに出発すること多々で、情報も全て現地調達!…あまりに知らないことが多くて結構損することも多いですが、これが結構面白い!…で、これ幸いと今回もY夫妻から若干収集…まぁ、後数日しか居ませんが…。
ひとしきり喋って解散…一路Nifadaを目指す。

駐車場ついて外に出ると…「寒い!」…下界とは全く違う気温。空気がピリッと冷たい。今日はすでに車が1台止まっていてなんか心が落ち着きます…。で、荷物車から引き出して出発。

岩場に着くと1パーティが既に右のほうでトライ中。取り敢えず私たちはTOPOに乗ってないけど、この前、Panjikaで調べた左端の6cから…が、これがまた????…。兎に角このルートは登らない方がいいことが分かりました。で、次は7a Sonicこれは快適。ようやく軌道修正。で、その隣のStelli Mantrisch 7aも登って私と息子はウォーミングアップ終了…もう少しアップしたいんですが適度なルートがないんで仕方がない。

で、どうしようか…この間来た時に右のCave周辺のルートはあらかた登ったので今日は左のコルネがあるかぶった壁あたりを攻めることにする。この前来たときはコルネというコルネが濡れててトライできる状態ではありませんでしたが、今日はまぁ、一部濡れてますが一応はトライできる感じ。

取り敢えず私先行でBaum des Lebens Ext 8b。上部壁に入ってちょこっと行ってテンション…ん〜、よー分からんかったです。で、上まで抜けてムーヴ解決。
次は息子。核心でホールド見落としてテンション。で、一応上まで抜けて解決。降りて来て一言「あぁ〜、疲れ溜まってる…」。

で、2回目で2人とも完登。
f0362263_15371136.jpeg

f0362263_15385454.jpeg
これで私31/1000。

次は…Wings for Life 8a+…TOPO見たときから気になってたんですよね〜…名前が…。で、私先行でやってみることに。
その頃にはもう1パーティーやって来て総勢私たち3人含めて7人!。
皆さんの応援の甲斐あってか、首尾よくというか…最終ボルト見落として突っ込んでいきましたが…なんとかOS。
f0362263_15445976.jpeg
これで32/1000。

で、次は息子、ちょっとやりにくそうでしたが…当然なんてことなくOS。
f0362263_15431026.jpeg
昨日も一緒だったキプロス人の2人は昨日の登りも見てたのか「Your son is Very strong!!」と言ってくれました…なんというか…息子褒められると嬉しいもんです…多分これってどこの親も一緒だと思います…で、俺のことは?…本人褒められるとこれも嬉しいんですが…まぁ、いいか!登れたし!。

その間妻は…黙々と登って7aを2本と6台も2本登ってコツコツ本数稼いでました。
f0362263_15351488.jpeg

最後はクールダウンと称して息子と2人で右のほうにある「来来」という7a。
f0362263_15355965.jpeg
ん〜、ガビガビ & かびかび(?)で???でした。
で、これで今日は終了。日没近い中急いで下山。

車とばしてLeonidio のスーパーへ。というのも少し食材を買い出ししないと今日の飯がない…なのに、営業時間は承知の通り…なんとか20:00に滑り込んでセーフ。食材買って帰路につく。
途中あわよくばパン屋が空いてれば明日のパンをと期待せずに帰って来たら…なんと閉店ギリギリで間に合いました。
で、パン購入。そしたら閉店準備していた奥さんがなんか地元のお菓子くれました…ん〜、見たこともないお菓子…お礼言って遠慮なくいただきました。

今日の夕食は例の鶏肉と野菜のオーブン焼き。
それとビール4缶&赤ワイン1本&ジャイアントコーン&ヤギのフレッシュチーズ&青オリーブ etc…。

今日の発見は「ヤギのフレッシュチーズ」に醤油かけて食べたらムチャ美味い!ということ。
f0362263_15341048.jpeg
機会あればやってみてください。カマンベールに醤油も合いますが「ヤギのフレッシュチーズ」でもとは…おそるべし醤油の「力」…。

で、夕食済んで食後のデザートにおかし食べてビックリ…。
予想はしてましたが…ここまでとは!…。
f0362263_15273774.jpeg
ん〜、なんて言うか…「海老の天ぷら」知ってますよね!あれの海老を抜いて「衣」だけにして、それをシロップと蜂蜜混ぜたものにに漬けて、最後にシナモン振ったら…多分おんなじ味になるはずです。一度お試しあれ!。

ということで胃が重い中、今日も就寝となりました。

by 8a1000 | 2018-04-02 23:30 | REBORNへの道

Twin Cave

朝から快晴!。
で、今日はテラスからの定点観測報告を角度を変えておしらせします。南が海なんで、まず北東が下の写真。
f0362263_14203937.jpeg
次は南西が下の写真です。
f0362263_14214094.jpeg
まぁ、何というかバカンスのためのビーチリゾートと言った感じですかね〜。

で、今日は久しぶりにTwin Caveに行くことにしました。Leonidio に来た2日目に行って以来2回目です。

街中を通り抜けて阿弥陀くじみたいに家の間を縫ってTwin Caveへのつづら折れの幹線道路(?)に出ます。ちょっと分かりにくいです…。
街はこんな感じです(下の写真)。
f0362263_14195434.jpeg
一応なんでも揃います。

で、案の定、今回も間違えました…。なんとか修正して駐車場到着。パーキングスペースはすでに満杯でしたが、1台なんとかスペースを見つけて強引に駐車。
車を降りると意に反して「激暑!」この間来た時は「激寒!」だったのに…。今日は酷暑クライミングがすでに予想されて3人の足取りも重くなりました…。ん〜、天気良くなって来て気温上がって来たんでやっぱりNifadaの方が快適なのか…?。まぁ、今日のところは仕方がないということで岩場に向かう。

岩場に到着するとCaveの左のスラブには人だかりができてましたが、メインエリアはガラすき!。この間Elonaで出会ったフランス人が8a+やってるだけ。
で、私達は右のほうの6cのPsaromalisから始める。2本目はBonoboの下部の7b+やってウォーミングアップ終了。
ん〜、で、今日は何するか〜…。ということになって壁を見回す。
色々見回した結果、取り敢えずOrion 8bからやろうということになって私先行。まぁ、下部のクリップに手間取って早くもテンション…取り敢えず上まで抜けて次に備える。
次は息子。壁にまともに日が当たって酷暑の中、ホールド探り探り…順調に高度稼いで危なげなく1撃…羨ましい…。
f0362263_14484365.jpeg
で、今後日陰になることは期待できないんで、すかさず私もトライ…無事2撃で完登。
f0362263_14282574.jpeg
29/1000。

次は…。私がさっきのルート完登するのに2回かかったために結果的に息子が先行。
で、息子が選んだのはGaidura Dura 8b+。まぁ、8c以上のルート無いんで必然です…が、結果的に私も他にと言われても…で、一緒にやることに。

ちょっとラインが交錯してるんで他のラインに入らないように注意しながら順調に組み立てて行く。 日向の中で暑いにもかかわらずホールド探りながらライン探りながらあれよあれよと高度稼いで気がつくと完登してました…OSです…。
f0362263_14481288.jpeg
ん〜、やるなぁ〜。こうなると後がやりにくいんですよね〜…。
まぁ、いいか…ということで私もトライ。あれよあれよと高度を稼ぎ上部の最後のセクションに突入…が、クリップが…クリップポジション間違えてテンション…あわよくば1撃でしたが、悲しいかな、まぁこれが実力です…。
私が回復するまで待つ間、息子と妻は左のVromika Myala 7a+をクールダウンがてらやるというので見学。ん〜、なんか悪そう。それ見て妻はTRに変更…。降りて来た2人に「どう?」って聞くと…「悪い!」と一言。私もクールダウンにと思っていましたが却下。

で、次は私。首尾よく完登(2回目)して本日終了。
f0362263_14294513.jpeg
これで30/1000。

帰りのアプローチからの景色が良かったので写真をパチリ!。
f0362263_14303817.jpeg
で、通りがかりのクライマーに頼んで、ついでに家族でもパチリ!。
f0362263_14311710.jpeg
ここからの景色は最高です!。



by 8a1000 | 2018-04-01 23:30 | REBORNへの道