人気ブログランキング |

<   2016年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧

 昨夜は試しに、痛み止めを飲まずに寝てみました…。まぁ、大丈夫だろうと思っていましたが、結局一晩中痛みのために寝たり起きたりを1時間おきに繰り返してました。その都度態勢を変えたりベットの角度を変えたりして少しでも楽な態勢を探しましたがついぞ見つからず…。そうこうしてる間に夜が明けて…。あぁ~、いつになったらぐっすり寝られるんでしょう…。
 そんなこんなで寝ていても仕方がないので早々に起きて散歩。今日は久しぶりに朝から晴れ!。やっぱり晴れると気持ちいいです。1Fでストレッチしていたら例の初老の紳士登場。今日退院という事でコーヒー飲みながら長話。いろいろ聞いてると、この紳士、私の上行ってます…毎朝脱走して近くの堤防を30分歩いてるそうです…。コースも聞いたので一度チャレンジしてみようかなぁ~…。
 病室に帰って朝食。その後自主リハ…首の運動・片上下(肩すくみ)・胸張り運動(肩甲骨を背中で合わす)・肘の屈曲・肘の回内外…っていう感じでリラクゼーションエクササイズですけど…。で右肩のストレッチもついでにやって後は、メールチェックやら何やかや…。
 昼前に妻が来てくれ昨日の報告を受ける。やはり予想通り大変な作業となったようです…。朝まで作業して、なんとか仕上げてもらったようで皆さんには感謝以外に他有りません。以前にこのブログでも書いたんですが、セットというのはそんなに甘い物ではありません…。特にセッターというのはクライミングに対する姿勢や経験はもとよりクライマーとしての「その人そのもの」を問われます!…。仕事に対する姿勢も重要で、課題の良し悪しはもちろんの事、課題のグレードや安全性にも配慮しなければなりません。そして、作業中は常に整理整頓し作業上の安全性や周囲の方に対する気遣いや安全も確保しなければなりません。セットでは(クライミングにかかわる仕事の多くの場合そうですが…)決まった時間で働き、拘束された時間でお金がもらえる、いわゆる「9時5時」の考え方は通用しません!。一手一手探求に探求を重ね、最後まで妥協せず、もんでもんでもみまくる…少しでも気になるところは、ありとあらゆる可能性を試す…なので、罵声が飛び交い喧嘩になる事もしょっちゅうです…。本当に「無理してなんぼ!」の世界です。私は、これぞセッターのメンタリティーだと思っています。
 そして「セッターはセットだけすればいい」というわけでもありません。往々にしてセットの仕事は課題制作だけに留まらず、自分の仕事が終わっても下働きの仕事があれば時間の許す限り手伝ったり、すぐ開店する場合は接客したりすることもあります。セット終了後も撤収作業…掃除してジムが開店できるようにしてオーナーに引き渡すことも多いのです。こういったプラスアルファの仕事も大事なんです…。ただ「作ればいい」というもんでもありません。建築で言うところの「引き渡し」という概念が今後大切になると私は思います。オリンピックの種目になるような時代、この「プラスアルファの仕事」や「引き渡し」という仕事の感覚を取り入れながら「如何に作るか」…つまり「より良く作る」…私的には、これ今後セットに当たっては重要になるような気がしてます!。
 KO-WALLのスタッフの皆さんには、こういうセットの機会を利用して「セッターとしてのメンタリティー」を含めた「より良い課題作り」を学んでもらいたいと思っています…。とにかく妥協せず、常に探求して、やってやってやり込める…時には喧嘩してでも…これ重要です。
 おっと、偉そうなことを言ってしまいましたが、私にも言えてることです…。しっかりと日々修行して理想に向かって邁進していきたいと思っています。・


 そんな「仕事」を徹夜してでもやり遂げていただいたセッターの皆さんはじめ、下働きを手伝ってくれた皆さん、送り向かいしていただいた保護者の皆さん、差し入れを頂いた皆さん、本当にありがとうございました。この場を借りて厚くお礼申し上げます。

 13時頃リハビリに呼ばれる。妻はいったん帰宅しセット後初日のジムで皆さんにご挨拶してからまた夜来ると言って帰っていきました。今日のリハビリも昨日と同じく仰臥位での他動挙上。今日は3回やってどれも120度はゆうに超えていました。やっぱ2回目なのでコツ解ってます…。夜間痛の事を話すと「そういう方も多いですよ」とのこと…少し安心しました…。
 夕食までに洗髪してもらって体拭いてもらって着替えてとさっぱりしてから、チューブとニギニギ…。久しぶりなんで結構張った…。その後はブラブラして時間を潰す…。
 消灯後、息子とともに妻が来る。1Fのエントランスでコヒー飲みながら昼間に続いて報告会と会議?…。22時過ぎに妻と息子は帰宅。妻はぐったりしてました…。よく一人で病院往復しながら切り盛りしてくれたと感謝です。私さえ、こんなことにならなければ…あっと、いかんいかん、ここは耐え時…いくら時間がかかろうとも、しっかり復帰して…そしてその暁には…やったるで~!!。というところで9月も終わり、就寝…。


by 8a1000 | 2016-09-30 23:30 | REBORNへの道

 今日も朝から雨…。しかしよく降ります。実家は最後の稲刈り時期なんですが、今年は台風と雨が続き、どうにもなりません。こういう年の稲刈りは悲惨です…。今年は私がこんな調子で、妻もジムが忙しく誰も手伝いに行けません…。なので、老人チームが必死にあがいています。しかし、流石戦中生まれの老人チームは強いです!。なんていうか、体はもちろん精神力が違います!。とにかく「無理してなんぼ!」を地で生きてはります…。
 さて、ジムの方のセット作業も今日で終わり…の予定…。こっちの方も今日は「無理してなんぼ!」の世界でしょう!。朝から妻が来て昨日の報告を受ける。セット作業の方は進んでいるようです…が、最後まで気は抜けない状況らしい…。昨日も中学生チームが手伝いに来てくれていたらしく、おかげでホールドの種分け作業が完了した模様。これをしておくとホールドが選びやすいので、作業がはかどります…感謝です!。報告の後、妻とともにリハビリへ。妻はリハビリを見るのは初めて。今日は昨日より痛みがましだったので仰向けに寝て、そっと装具を外して、その形のままそーっと他動挙上…ゆっくりゆっくり行きつ戻りつしながら…120度まで行きました。「前回の手術の時よりもよりいいですね。」と私が言うと「前回で感覚的に慣れているからだと思います。まぁ、これからですのでゆっくり行きましょう!。」とのこと…。リハ先生はいたって冷静です…。
 その後、妻は帰って作業…帰り際に一言「今日ホントに終わるかなぁ~…。」…と弱気な一言…。とにかく「やるしかない」ので皆には悪いが頑張ってほしい…。

 今日から病院バージョンの朝の散歩開始しました。後、簡単なストレッチ…。明日からはチューブトレーニングも再開したいと思っています。まずはどれも1日1回から始めて、2回ベースにする予定です。あと、テニスボールニギニギも!…。

 昼間の痛みはマシになったのですが、夜寝ようとすると未だ激しい痛みが襲います。消灯前に一応痛み止めをもらっておいたが今日は我慢してみる…。肩も痛いしセット作業も心配です…今日も寝られそうにありません…。


by 8a1000 | 2016-09-29 23:30 | REBORNへの道
 痛みのせいで、ついぞ眠れないまま朝を迎えた後は、晴れて自由の身になりウロウロと…。前回とは違いふらつき感や、倦怠感は無く体は楽なのだが患部が激しく痛いし、前腕の表面の感覚が鈍い…。痛み止めをもらうが効果は無く、じっと耐える…。メールチェックやら何やかやとやろうとはするが、痛みで集中できない…困ったものだ…。
 そうこうしてると14時頃妻が気来る。痛さを紛らわす為にとりとめのない話をするが、痛い物は痛くどうしようもない…痛さでついつい眉間にしわが寄ってしまう…。担当医のN先生の回診があり、傷の様子を見て消毒し再密閉してもらう。まだ若干出血があったが問題ないとのこと。ついでに痛みが激しいと訴えると「すごく痛がる人もいるし、全く痛がらない人もいるので何とも言えない。」とのこと。前回は全く痛くなかったのでこんなに痛いと不安になる。まぁ、関節に5つも穴明けて関節鏡突っ込んで骨に穴空けてアンカー埋めて切れた腱引っ張り出してきてギンギンに縫い付けたんだからこんなもんか!?…。で、先生帰り際に「あっ、そうそう、今回は5週間ですから!」とのこと…。これを聞いて妻と私は「えーっ、前回と同じってI先生言ってましたよ!」と猛反発したが「I先生の指示ですから…」と結局5週間になりました。N先生が去ってから妻と二人で「5週間後っていつ?」とカレンダーをめくると…なんと11月ですやん!…ありえへん!…けど仕方ない。
 その後、懐かしのリハ先生が来て、妻は帰宅。私は今回初めてのリハビリに。リハ先生も私の顔を見て「また、なんで?」…。リハビリ中にざっくりとあれからの事を話してようやリハ先生も納得。リハビリ自体はまだ術後の痛みもひどいのでさらっと終了。流石に痛いです…。
 部屋に帰ってきて、トイレに行こうと廊下に出ると「スミマセン、話聞かせてもらえませんか!」と60代と思しき初老の紳士がパジャマ姿で現れた。一瞬なにかと思ったが、話を聞くと同じ腱板断裂で手術を受けて明後日退院するとのこと。しかし、まだ挙上できず、不安に思っていた所、一度退院した人がまた2回目の手術を受けに来ていると聞いて話が聞けるかと思いわざわざ他病棟からやってきたとのこと…。で、ひとしきり前回のリハビリの様子を話した後で「不安になると思いますが、私も3か月目くらいまでは何もできませんでした。でも3か月を過ぎるころからは出来ることも多くなり回復してる実感がわいてきました。とにかく時間が必要で、無理と焦りは禁物だとどの医者も言っているのであきらめずコツコツ頑張りましょう!」と自分にも言い聞かすようにお話ししておきました。その後、おじさんは何回もお礼を言って病棟に帰っていきました…。そうなんです、本当に不安になります。かくいう私も未だ不安だらけです。
 術後1日目は痛みに悩まされ、そして外はすごい雨で稲妻がバチバチ…こんな感じで過ぎて行きました…。あ~、痛みが消えるといいな~…
by 8a1000 | 2016-09-28 23:30 | REBORNへの道

f0362263_11262948.jpg 昨日の夜は寝たのか寝てないのか…うつらうつらで熟睡感がない。手術という事でなんとなく緊張してたんでしょうね。6時半に看護師さんに起こされて起床。青空が窓越しに見える。まずは散歩に1Fへ。外に出て新鮮な空気を吸うが、朝から結構蒸し暑い。早々に部屋に戻って軽くストレッチ。そうこうしている間に看護師さんに促されて手術着に着替えて点滴…。着々と準備が整っていくと同時に緊張も高まる。
 ジムの作業が気になるので、何か報告は無いかとメールをチェックすると妻から昨日の作業の様子が送られて来てました。

…以下原文ママ…

今日ホールド全て洗うことが出来ました。
みんなの頑張りに感謝です。
三重店チームはもくもくと。応援に駆けつけてくれた常連で旧知のKさんは仕事見つけてはこつこつと。K高校の女の子3人は声を掛けていないのに自ら手伝いに来てくれてビックリしたし、感動した。同じ部員のAくんも頑張ってくれました。中学生も早くからK&Kちゃんコンビが手伝いに来てくれました。息子と、K君も17時くらいから来てくれました。RちゃんとKは来ないのかな?と思っていたら18時前頃から参戦してくれました。大学生でバイトのK君は午前中来てくれてビス外し担当。そして大学へ。5限目が休講になったからとまた戻って来てくれて洗いに参戦してくれました。
 セッターチームもホールド外した後、壁の補修をし、洗いの方を手伝ってくれました!
 ホントみんなに感謝です。
…以上…

 皆さんありがとうございます!!。なんといっていいのやら…感謝感謝です!!。


 こうしている間も淡々と普段通り時間は過ぎていき、談話室のTVからは朝ドラの声が聞こえます…人知れず緊張してるのは私だけ…。昼過ぎには無事手術も終わって部屋で寝てるはず…そう思って緊張を解くのに精一杯…。8時半に妻が来てくれた。昨日の作業の話をしながら時間を待つ。9時前に呼ばれて看護師さんと妻に付き添われながら手術室に向かう。待合のところで常連のYさんと出会い「頑張ってください!」と声援を受ける。銀色の大きな扉をくぐり、エリアに入ったら本人確認。その後手術室へ。前回と同じ部屋。ベットに上がるとリクエストしておいた腰痛対策がされてました!。ウレタンマットのような柔らかい台が用意されていました!。安心して横になると手際よく準備が進み薬注入…。ぼやーっとして自然に意識が無くなりました…。
f0362263_11271725.jpg 次に気が付くと執刀医のI先生の顔が見え、次にスタッフの方たちの顔…。なにかI先生が話してましたが記憶にございません…。前回よりも目覚めの気分は良くて、部屋に帰ってからもしんどいという事はありませんでした。うつらうつらしながら妻と時折会話…。 夕方には意識もはっきりしてきたので妻はいったん帰宅しジムの作業の様子を見に行く。ジムは今日から課題つくり。初日なので進捗状況が心配だったが夕食時に妻が再訪してくれ作業の様子を聞くことが出来た。何とか予定通り進んでいるようで安心した。面会時間終了と同時に妻が帰宅。そのころには麻酔の影響も殆ど無くなってきていたが、起きて動けるようになるのは明日の朝。ずーっと寝たきりで流石に体全体が凝る。同時に今回はなぜか痛みが激しい。前回は全くと言っていいほど痛みを感じなかったのだが、今回は痛くてじっと寝ている事も出来ないくらい…。深夜2時まで何とか我慢したが、どうにもならなくなって痛み止めをもらう。が、全く効かない…。とにかく目をつぶって耐えるしかない。
 結局、痛みで徹夜したような状況で朝を迎えました。朝一はまず採血。その後はモニターなどの計器類を全て外して、ようやく自由の身に。少し歩いてみる。熱も無く前回よりは格段に体は楽…だけど、とにかく痛いです…この痛みさえマシになれば…。
 と、今回はこんな感じでスタートしました。さて、これからどうなっていくのか…乞う、ご期待です!。


by 8a1000 | 2016-09-27 23:59 | REBORNへの道

再入院(術後119日目)

f0362263_18092173.jpg 今日はとうとう再入院の日です。少し早めに起きて散歩。散歩前に息子に一言二言…。散歩から帰って入院準備して妻と共に病院へ向かう。
 入院受付で受付を済ませて病棟へ向かう。前と同じ病棟なので勝手知ったるものです…。ナースセンターに書類を出しに行くと一斉に皆さんが振り向く…それもそうです…ついこないだまでお世話になってましたから…皆さん口々に「どうしたんですか?」とか「またよろしくお願いします」とか…事情をざっくり話して何とか納得してもらって早速病室へ案内してもらう。前回の隣の部屋で今回はなんと窓側です!!。景色がいいので窓側はやっぱり気持ちいいですね~。
f0362263_18091142.jpg 後はいろいろ説明や手続きがありますが、スムースに終わる…なんてったって2回目ですから…。一通り病院と入院の説明が終わったところで装具の調整に技師さんがやってくる。この方も前と同じ技師さん…「また頑張ってくださいね!」と言いながらてきぱきと調整…というか、ベルトの長さとか前回のままなんで部品組み立てるだけで終わり…大体1年に3回もこの装具が役に立つことなんてそうそうないと思います…組み立て終了した装具見てると「あ~、また始まるのか~」って思っちゃいます…。最後は麻酔科。呼ばれるまでかなり待ちました。ようやく呼ばれて受診室に入るとまたここでもこの前と同じ先生で、第一声が「ご無沙汰してます!」…。前回のデータがあるので「変わったことないですか?」「前回どうでしたか?」ということくらい…なので受診は10分程度、後は同意書出して終わり。これで手続きがすべて終了したので1Fのエントランスにあるローソンでコーヒー買って妻と2人で休憩。f0362263_18093413.jpg今後の仕事の事など話してホッと一息つく。まぁ、なんだかんだ有りましたが、ようやく無事入院することが出来てお互いホッとしているというのがホントのところです。 その後、妻は作業に加わるべく急いでジムに向かい、私は別段やることも無く身の回りの整理をしたりメールチェックしたり…。


 とにかく明日です!。ようやくこれで左肩は文字通りカタがつきます!。手術となるとやっぱり緊張しますが、ようやくこれでスタートラインに立てると思うと気持ち的にも随分と楽です。気がかりなのは右肩です。しかし、精密検査を受けてもし仮に良くない結果だとしても「左肩は終わってる!」と思うだけで、それはそれで前向きに治療できそうです。とにかく私にとって明日の手術でスタートラインに立てるというのは大きな一歩なんです

 いたって健康的な夕食を19時頃頂く。21時からは絶食となるが、別段食べたいものもなく…後は散歩したり自主リハしたりで時間を潰す。明日の朝7時までは水分は取れるが、なんとなくこちらのとらえ方で「7時以降は絶飲!」だと思うと、のどが渇いたような気になり、ミネラルウォーターをちびちびやる…。

 ジムの作業の方はどうなってるのか気になるが、どうする事も出来ないので後はテレビ見て就寝…。
 明日はとうとう再手術!…とにかく頑張ります!。


by 8a1000 | 2016-09-26 23:30 | REBORNへの道

 明日からはとうとうホールド替えが始まります!。という事で今日は泣いても笑ってもわめいても課題最終日…。いい思い出がある人にとっては名残惜しいけど、その思いを前進のエネルギーに変えて次期は更なる飛躍につなげてほしいです。逆にいい思い出が無かった方は…きれいさっぱりと忘れましょう!…心機一転、新しい課題に全力を傾けましょう!。

 昼間は常連の方は少なくてがらんとした感じでしたが、夜が近づくにつれ常連さんでドドーっと混み始めて何時もの賑やかなKO-WALLになりました。登り残した課題を最後まで打ち続ける人、セッションに興じる人など様々でしたが、休憩中の会話はやはり課題の思い出話…と、次回の課題の予想と下馬評…。やっぱ、気になりますよね~。

f0362263_18001478.jpg 19時になると恒例の常連さん皆でテープ剥がし。毎年この作業の時に私は、なんかいいものを感じます…。老いも若きも皆さん嫌な顔一つせず、むしろ一年間お世話になった課題にお礼を言うように丁寧に一枚一枚黙々とテープをはがしていきます。その姿を見てると皆さんの中でジムという存在は「サービスを甘受するところ」ではなく「自分自身が行動を起こし自分を進化させる」所で、文字通り「自分(皆)のジム」になってるんだなぁ…とホントにうれしく思います。同時にその光景は皆さんの中に「クライマーのメンタリティ」を感じる瞬間でもあります…。

 テープ剥がしが終わり皆さんが帰った後は、セットを頼んでるM君、スタッフのK君、それに妻と息子も加わって明日の準備。ジムの床とマットスペース全面を養生して脚立を準備して、ボルトやビスの種分け用の箱の準備やホールドの洗い場の準備など…。慣れた作業だけれど毎回この準備作業が終わると「とうとう始まるんだなぁ」と根性が据わります…。滞りなく準備作業も終了し、後は明日の作業開始を待つだけ。とにかく良い課題を創ることも大事ですが、その前にケガや事故が無いように祈ります。


f0362263_18002862.jpg 私は明日から再入院、そして再手術…。ここに至る道程には紆余曲折ありました。再手術が必要だと分かった時は心折れそうにもなりました…。しかし、帰り際にもう一度準備状況をチェックしおえて、最後誰もいなくなったジムを見てたら「絶対復帰してたる!」とモチベーションが沸々とあらためて湧いてきました…。とにかく左肩はこれで終わりにしたい!。そして右肩も悪いところが見つかればこの際しっかりと治します。そして、また思いっきりクライミングがしたいです!。

 チェックも終わりジムを閉めてM君・K君と別れる。「頑張ってください!」と励ましの言葉。「申し訳ないけど、後はヨロシク頼む!」と答える…。とにかく私も彼らも「やるしかない!」…。


 家へ帰った後は、ごくいつも通り。とにかく明日からビールが飲めないのでその辺を重視して食事。後は入院前の緊張感もなく就寝…。


by 8a1000 | 2016-09-25 23:30 | REBORNへの道
 ここ1週間はとにかく忙しかった…というか、まだ忙しい…このままでは入院どこの話じゃないです…。来週の月曜からのホールド替えの準備と、同じく月曜からの入院の準備で毎日てんてこ舞いです…。おまけに振込や事業上の契約、そして恒例の年末年始の子供たちのスペインツアーの準備なども重なり少し混乱気味ですが、とにかく入院するまでに全てをある程度こなさないといけないのです…。
 左肩の調子はいたって快調です。水は完全にひいて、ここ数日は毎日自主リハやってます。入院まで時間はありませんがやれることはやっておきたいと思っています。ただ、右肩が日を追うごとに痛くなってきました…。ここ半年間、右手酷使してますから仕方ないんですが、ちょっと心配です。この間のセカンドオピニオンを受けた先生も「一度MRI取って、検査してもらった方がいいでしょうね」とおっしゃっていたので、今度退院してMRIに入れるようになったら検査受けようと思います…。この際、しっかり治るものは直しておきたいですからね!。

 この間の月曜は酷い天気でした。その中、私は三重店に…。アドバンスクラスのお手伝いの予定でしたが避難勧告が出たのでお休みに。でも夜にぽつぽつ子供たちが来たので少しだけ練習しました。外はホントにひどい天気でしたが結果的には皆行くところが無くて、大人の利用者の方も大勢来ていました…。夜になると天気は一転晴れて少し肌寒かったです。まぁ、ジムも含めて皆さん無事に台風をやり過ごせてよかったです。去年は第二駐車場が冠水して車が一台ダメになってますから…。

 昨日の祝日も雨…。ここんところずーっと雨「クライマー 雨が降ったら ただの人以下…」とは誰が言ったのか…。行くとこなくて昨日だけじゃなく水曜・木曜もジムは大入り満員でした。日曜がこの課題たちの最終日なので皆さん追い込みのようです。

 今日は今日で朝から振り込みや外国送金で銀行へ。行員さんが慣れていない人でこの外国送金に1時間以上かかった…。そのあと市役所に高度医療保険の申請…。いったん家に帰って内業…。そうこうしてると、もうジムに向かう時間に…。とにかく次から次へと仕事が湧いてくる。ホントに入院して大丈夫なのか不安になってきた。スタッフのK君は今日、明日とお休み…その代わりに長年アルバイトしてくれてるバイトのK君が夜応援に来てくれる。仕事を山ほど用意してあったので大変そうです…が、私は早めに切り上げ、明日に備える。
 あ~明日も忙しい…。

 とまぁ、こんな感じでブログを更新する暇もありませんでした…。とにかく月曜から再入院と再手術です!。体調はもとより、しっかり療養できるように環境を整えて、万全を期したいと思います。

by 8a1000 | 2016-09-23 23:30 | REBORNへの道

雨の連休(術後112日目)

 この連休はクライマーにとっては残念でした。天気が悪くてどうにもならなかった方も多いと思います。まぁ、土曜は雨こそ降りませんでしたが、異常に蒸し暑かったです。ということでジムは終始人が多かったです。瑞牆へ行った若手と息子たちは出て行ったっきりいつも通り音信不通状態(「血」ですかね~)…日曜の夜帰って来て一言「おもろかったわ~」とのこと…コンディションは良くなかったらしいが、土曜は数登りして次の日は帰る道すがらジムによって登って、それはそれで結構満喫したらしい…。若いっていいですね~。息子曰く「とにかくクライミング出来てよかった!」とのことでした。
 月曜も終始人が多く忙しかったです。バタバタと一日が過ぎて行きました。今日も息子は登ってましたが、持病の喘息が出て途中リタイヤ…。早々に切り上げました。私は左肩の水が引いたので快調!…といっても一応なんとか頑張れば挙上できる程度ですけど…。で、少しきつめにリハビリをしてみました。夜になると人も少なくなってきたので試しにサブウォールの垂壁の白トラバースを片手で試みる。出来ました!!。で、調子に乗ってサブウォールにある大人の白課題全部登ったろうとチャレンジ。垂壁は楽勝!。で、うすかぶりの課題に突入…どうしても1本できないのがありました…うすかぶりでお尻地面すれすれで横リーチのやつ…これって片手だと致命的です。片手でも、もう一方の手が自由に空間を動かせるともっと登り易いんですが、いかんせん手は下に垂らしたままなんでバランスがとりにくいし、デッドやランジもすごくしにくいです…。おまけに変に落ちたり、登ってる時に無意識に力が入るとマズイのでその辺もコントロールしないといけないのがまた難しいです。でも、なんか感動しました。どんな形であれ「登れる」っていうのは幸せだと思いました。ひとしきり登った後、ジムはK君に任せて帰宅。今日は幸せ感じながらワインをしこたま飲んで就寝です。

by 8a1000 | 2016-09-19 23:30 | REBORNへの道
 今日は朝から循環器内科で先日の心臓エコーとホルダーの結果発表です!。すごく調子よかったので何事もないとは思いますが少し緊張です。診察室に入っると先生が心電図やエコーの動画や書類に目を通して…「心拍は少ないですが、異常はありませんでした。」とのこと。心臓の動きや血液の循環なんかも異常なく元気でした!。安心しました!!。ただやはり心拍は少ないです…。でも、異常がないという事でこれからも自信もってやっていけます!。病院を出るとなんか晴れ晴れしたような気分。帰宅後早速散歩に出る。いつもよりなんか快調なような気がする。その後はストレッチしてトレーニング。左肩の水もようやく引いてきたようで今日は快調です。久しぶりに軽くリハビリしてなんとか挙上出来るようになりました。しかし、やりすぎは禁物。また水がたまると嫌なので軽めしておく。その後は仕事の打ち合わせで来客。15時まで今日もみっちり打ち合わせ…。入院まで日がないので何やかやと予定が詰まります。15時過ぎにジムに行くとスタッフのK君とアルバイトのK君が壁のメンテに大忙し…。再来週のホールド替えの前にやれることはやっておこうという作戦でジムもいろいろバタバタ忙しい。今日のKO-WALLはしっとりと大人の時間でした。息子と常連若手は今晩から瑞牆へ行くらしい。うらやましい限りです…。「登れる」って素晴らしいですね…。雨が降らないといいんですが…。
by 8a1000 | 2016-09-16 23:30 | REBORNへの道
 ア~、良く寝たなぁ…と思って、はたと時計を見るとなんとまぁ11時…。月曜から三重店手伝いやら病院やらで外出することが多くて疲れてたとはいえ不覚です…。びっくりして飛び起きて、バタバタ用意して散歩。それでも散歩には行きます!。今日は13時から仕事の関係でアポがあり自宅に人が来る予定。帰って来てストレッチしながら妻とその打ち合わせ…。そんでもってS医大に電話してI先生に昨日のセカンドオピニオンの報告…「この手術に賭けてますのでよろしくお願いします!」と改めてごあいさつ。それが終わるや否や「ピンポーン」とベルが鳴る。待ち人登場。15時までみっちり打ち合わせして、今度は急いでジムに向かう…遅刻です…。こういう日に限って開店からドドーッと利用者の方が押し寄せ、K君は一人でてんてこ舞いだったらしい…。
 その後18時くらいからは人出も落ち着いて私が店番して、K君は9/26からのセットの準備。そうこうしているうちに気が付くと結構な人出になっていました。閉店時間でもまだスタッフのK君と居残りチームが頑張っていたので一応の閉店準備を終えて後はK君にまかして帰宅。
 帰宅後はいつも通りビール飲んで飯食って寝る…。寝坊はしたけど結局は普通の一日で終わりました…。

by 8a1000 | 2016-09-14 23:30 | REBORNへの道