オペから復帰そしてREBORN・・・


by REBORN
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

The otherside〜The gallery…181/1000…

日程もそろそろ大詰めになって来ました。27日の早朝というか夜中の3時半にケープタウンの空港に向かって出発しないといけないので、逆算するとクライミングができるのはフルで登ったとしても今日含め後4日間…。
天気予報をチェックするとなんと25日と26日の2日間は雨予報…ショック大!。本来の予定では明日の24日に最終休養入れて、後の2日で課題回収の予定だったのに…無残にも打ち砕かれてしまいました。

で、計画変更…取り敢えず今日も登って明日も当然登る…で、25日は休養確定で、26日は経験上多分午後もしくは夕方ならなんとか登れる課題もあるのではないかと思うんで、雨の合間の瞬間ついてパパッとなんか登りに行く…という感じ。
そこで、今度はこれをどう登るか…回収もしたいし新しいエリアにも行きたいし…グレードに関係なくオススメ課題巡りもしたいし…難しいとこですが、息子に一任。

結果、今日は新しいエリアのThe othersideに行ってオススメ課題登って、その後引き返して来てThe galleryに行ってWheel of retardation 8bを回収。

24日はオススメ課題巡りでLast Day in Paradise〜Roadcrew。で、あわよくばその後Eland行ってThe gest list 8b回収かThe Hatchling 7c+回収。ただこの日は予報ではかなり暑くなる予定なんで回収無理かも?…。

25日は雨で強制休養なんで街に行ってスーパーで買い物とガソリン入れて…。

26日は朝は荷物まとめて帰国準備して午後からの一瞬で「できること」をやる予定。

とまぁ、なんとか計画組み直して出発。
なので今日はThe otherside〜The gallery…。「言うは易し」…と言うのは大体The othersideまでアプローチ45分。The othersideからThe galleryまでとなるとノンストップで移動して大体1時間半くらいかかります…。とにかく体力勝負の1日となりそう…。

駐車場について歩き始めたら後ろから大声で呼び止められて…振り返るとポーランド人のヤンでした。「今日はどこへ行くんだ!」と言うんで「The otherside!」と答えると「Oh〜 Long walk! Good luck!」と帰って来ました…。ん〜、やっぱりそんなに遠いのか…出だしから気合い入ります。

とにかく2人で黙々と歩き続ける…。ひた歩く…一部除いてほぼ平坦…思ってたより楽チンですが、とにかくダラダラ平坦。
f0362263_17154013.jpeg
ただ、日本離れした風景ん中を突っ切って行くのですごく爽快でした!。あぁ、こんなとことをトレッカーの人歩きたいだろうなぁ…と思いつつ、トレッキングのツアーガイドやってた時の事を思い出しました…。

で、ようやく到着して恒例の課題探し。とにかく死んでる課題が多いです…。息子がいろいろピックアップしてくれてましたが、結果4課題くらいがいい感じ…。
で、とにかくアップをといいうことでTOPOに「… beautiful face」と書いてあったFire fluffier 6c+/7aを探し出してトライ。チョーク跡なし!登った形跡はかすかに感じられる程度…。痛くて悪いカチフェース…息子登った後数回やろうとしましたがやったら皮持っていかれそうで断念。

で、今日の本題1本目のTechnicolor dream coat 7c。息子先行で当然完登…。
f0362263_17225444.jpeg
私もその後まぁまぁサックリ目に完登して+2段。

次はJosef Malbos 7c+に移動。隣のDarling,where’s my toothbrush 7b/+からと思いきや…よ〜く観察するとなんかオカシイ…で、下見たら大ガバが取れた破片が置いてありました…。ということでこの岩はJosef Malbos 7c+だけということでトライ開始。これも当然息子はさくり完登。
私は息子のアドバイス受けながらあ〜でもない、こ〜でもない…。で、もうこうなったらヤケクソで…
f0362263_17184811.jpeg
と気合い1発登り始めたら核心でムーヴ間違えて「あぁ〜違う違う!こうじゃないねん!」と言いながらクソ握りしてなんとか完登…あぁ〜、危なかったです。で、これで+5段。

その後息子はThe amphitheater 8a。
f0362263_17165608.jpeg
まぁ、サックリでThe otherside 終了。

ちょっと休憩して荷物まとめてThe galleryに向け大移動開始。
あまり急いで行っても疲れるし、まだ気温も高いんでゆっくりトボトボ移動する。
道中綺麗な花がいっぱい咲いていたんでこれ幸いとお花の撮影。
f0362263_17253852.jpeg

f0362263_17271544.jpeg


f0362263_17283901.jpeg
やっぱり色がいいですねぇ〜。

そうこうしながらなんとかいつもの林道まで戻って…黙々と歩いてThe galleryへ。
ようやく課題に到着したら先客あり…誰かと思いきやデイブ グラハムと彼女でした。デイブは今日は休養日で彼女のサポート。で、一緒にということになって私達とデイブの2パーティーで課題貸切状態。

とにかく私達は移動疲れで先ずは休養…その間デイブと延々お喋り…クライミングの話から痛めた指のこと…はたまた拾った水晶の話や南アフリカの砂岩について…私も結構喋る方ですが、デイブには負けました…。とにかく延々喋ってたんで彼女はうるさかったかも?。

で、ようやく息子がトライし始めて…そしたらデイブが「オイオイ!ニーパッドは?忘れたんなら貸してやるよ!」とありがたいお言葉…で、息子は丁重に「No thank you!」とお断りして…たらデイブ一瞬「まぁできないだろうね」って感じでしたがムーブバラしたの見てビックリ!…で、「So Cool!. Perfect climb!」的な事言ってくれて息子も大満足。デイブ曰く「普通つけるんだよ!でもできるんだ!ほんと凄いよ!」…。
そしたら彼女の方が「そういやあなたたち前セユーズで会ったわよね?確かサチと一緒に…」ということも手伝ってグッと距離縮まった感じでした。

2人のトライ中、私はデイブと水晶の話で盛り上がって、デイブが拾った水晶くれました!。ん〜、いいお土産になります!。

デイブが「5日目に登った凄い課題あるから見に行く?」というんで場所教えてもらって見に行ったら…どっかで見たような形状…あぁそうそう沖縄の「チョックストーンアタック」!。あれをツルツルにしたような感じ…。なんだかダイヤモンドが挟まってるような感じのチョックストーンでした。で、帰ってきて「凄い面白い岩だね〜」って言うと「そうだろ!凄いでしょ!」とデイブ。「ダイアモンド挟まってるみたいだね」と私が言うと「うん!そうだねダブルクリスタルみたいだよね」「確かに!」「そういやダブルクリスタルはね、こうやってこう言う風にできるんだよね…」とまた石の話に戻りました…。

で、先ずは息子がトライして回収成功。デイブ…「ほんとに登っちゃったの?ノーニーパッドで?凄いよ!」と言って一緒に喜んでくれました。
そして、その後諦めかけてたデイブの彼女もなんとか完登…ムッチャ喜んでました!。
2人とも登れたことでデイブの彼女と息子は抱き合って喜んでました…ん〜、若い女の子に抱きしめられたのは初めてかも?。

で、デイブが息子に「Cosmic artifact 8b+ 登った?」って聞くんで「うん、登ったよ!」と息子が答えると「凄いね!みんな遠すぎてできないって言うんだけど小ちゃくてもできるんだね!凄いね!」って言ってくれて…なんだか照れてました…。
やっぱり本当に強い人は強きも弱きも他人を認めて受け入れる姿勢が凄いと思いました!。やっぱ一流は違いますな!。

私はその後、隣のleft exit 7c+/8aを回収すべくトライ開始しましたが…移動疲れか午前中の疲れかなかなか上手くいかず…結果、リップ出口までは行きましたが完登ならず…無念…。デイブがマットまで貸してくれましたが期待にそうことができませんでした…。息子はこちらも完登。

気がつくと今日もとうに日が落ちてヘッドランプでの下山となりました。

しかし今日はホンマに歩き倒した1日となりました…文字通り「足が棒」になりました。

夕食は遂に「牛タン」。
f0362263_17104499.jpeg
シャワーの後、皮剥きして「焼肉ジュージュー」よろしく、フライパンで焼肉スタイル。ん〜、激ウマ!焼肉です!。
最後は裏の固いところや本来捨てるであろう皮まで焼いて…よ〜く焼いたらコリコリしてホルモンチックで美味しかったです!。

あぁ〜、なんか「活力」湧いたような気がしてきました!。
「牛タンパワー」で明日も頑張れるような気が…。

[PR]
by 8a1000 | 2018-08-23 23:30 | REBORNへの道 | Comments(0)