オペから復帰そしてREBORN・・・


by REBORN
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

The Realm…154/1000…

予報では今日もまだ気温は10度後半なんで、今のうちに暖かそうなNew エリアのThe Realmに行くことに。
TOPOによると何やらダートを十何キロも走って行くらしい…。一般車で且つコンパクトカーでは若干の心配がありますが、まぁ、スペアタイヤもあるしなんとかなるでしょう!。それよりも、少し違ったエリアに行けることの方が楽しみデス。

で、出発!。トラベラーズレストを通り過ぎてしばらく行くとBiedouw Valleyとの分岐をBiedouw Valley方向の右に折れてダートに入ります。
f0362263_17254384.jpeg
で、ガタガタガターッとダートを走って峠らしいとこを超えてドドド〜っとダートを谷の中を目がけて下っていくと大きな農園に出ます。

峠から見たときは「茶色い砂の大地と緑の農地のコントラストがが美しいなぁ〜」と思っていましたが…いざ農地の中に入ると…茶色い大地に見えてのは大地一面に咲く一面のオレンジ色がかった花!…あまりの花の多さに写真をパチリ!…。
f0362263_17213556.jpeg
ギリシャの時も花の多さに感激しましたが、さすがアフリカ!…ものすごい量です!。

で、今度は農地を過ぎてまたドドド〜っとダートを登り返してしばらく走ると右手に「Biedouw camping site」の看板があるんでそこを右折。ここまで分岐から17.2~3kmのダート走行でした。
で、ゲートがあるんでそれ開けてまたまたダートを谷の中目がけてドドド〜っと下って…。ゲートがもう一回と川渡る手前に金網のフェンスがあるんで息子に開けてもらって漸くcamp siteに到着。約1時間かかりました…。
ここはパーミッション外なんでofficeに行ってお金払います。1人R50…。

で、引き続きオフィス横のダートを詰めていくとフェンス際に駐車スペースがあり漸く無事到着となりました。
あぁ〜、長かった〜。

用意してエリアに向けて出発…。平坦地横切って…川渡って…急登って…漸く上のプラトーに到着。で、案の定、恒例の迷子…。あっちかなぁ、こっちかなぁ…で延々1時間…。足パンパン…。

で、漸く知ってる課題発見!Eye of Sauron 7c+。無事到着となりました…。その頃には連日の疲れも手伝って二人ともグッタリ…。

とりあえず休憩して始動開始。
思ったよりも標高あって風も強くて寒い!。とにかく6台でアップ。

他にあまり面白そうなのが無さそうなんで、いきなりEye of Sauron 7c+。秀逸課題のこの課題…。当然息子はサクサク完登…。
f0362263_17282886.jpeg
で、私は疲れもあるし今日は傍観者…と思っていたら…息子一言「やらへんの!」…。で、やります!ということになってトライして…。ん〜、なんかいい感じ。

で、ちょっと休憩して一気に登ることにして休憩挟む。その間息子はやることないんで隣の岩のDon’t be shy 8a+を触って時間つぶし…。
f0362263_17392920.jpeg
最後の1手が悪いらしい…まぁ、なんか乗り気じゃないので指皮減る前に早々に切り上げ。

で、再度、私。なんとか完登して+3段Get!。
f0362263_17372118.jpeg
幸先よいスタート。

ということで早々に移動…と思ったらデパーキーのキャンプサイトにいるMくんが休養がてら下見に登場。Mくんは休養ですが一緒に移動する。

次は歩いてる時にちょっと気になった凹角状の垂壁課題…Melting point 8a。
これが大ハマり!。できそで、できない…。もう2cm身長高かったら楽勝モンっていう感じで…。それでも手を変え、品を変えでありとあらゆること試して…結果2人とも敗退…無念です。

で、ん〜他になんかないかなぁ〜…と物色してると近くにShadow Power 8a発見。バババーっとマット移動さして、息子がいきなり登り始めて…ちょっと高いんで慌ててM君がスポットして…で、難なく1撃…。
f0362263_17411501.jpeg
私もワントライだけ…。ん〜、ちょっと怖くて手が出せませんでした…というより落ちる時の衝撃が「腰」に怖いんです…。

そのあとまた移動して…Company Policy 7b+。息子先行で1撃…まぁ、当然か!。
で、私も1撃で+5段。
ついでにTOPOには載ってないけどチョークついてたんでSit-startでもう一回登って…ん〜、個人的にはこっちの方が課題的にメリハリあるような気がしました。

で、次の課題のThirsty eyes 7c+に移動。まぁ、息子がサクッと完登。
f0362263_17432193.jpeg
息子が次の課題探しに行ってる間に私は隣のHungry eyes 7a+1撃して細かく+6段。

息子が帰ってきて今度はTrust issues 8b/+。かなりリーチ必要ですが「どんなけ遠いかやってみたい!」ということで2〜3回…ん〜、全くもってお話になりませんなぁ〜…ということで移動。

今度は谷を挟んだ向こう側のプラトーにあるMethod cap 8a。
M君が友達になったケープタウンのジムのオーナーとスタッフ一行が先客でいて大賑わい。
で、息子はMethod cap 8aさっくり登って、私は隣のNot just a pretty face 7b完登で+7段。
裏のご機嫌なSexy time 6c+も気持ちよく登った所で終わりかと思ったら…息子が「もう1課題あんねん!」辺りが暗くなってきて、おまけに雨まで降り出す始末…それでもやっぱりやりたいらしく急いで移動する…。

ラストの異動先はMask off 7c+。こりゃ〜、なかなかのシチュエーションですなぁ〜!。で、カチ好きにはたまらん好課題!。まぁ、私は見学ですが…。
残念ながら用意して息子がトライする頃には真っ暗!&霧雨…。ナイトの用意を持たない私たちはヘッドランプ2個…。ハンドホールドは照らせてもフットホールドが見えない…おまけに雨…。着地ポイントも確認しづらくて…。
f0362263_17443347.jpeg
結局、それでも息子は文字通り手探りであと1手まで行きましたが暗闇敗退…後日もう一度ということで、残念ですが今日は終了となりました。

連日のクライミングで2人とも疲れ果ててフラフラになりながら駐車場に到着…。荷物を詰め込んで帰路につく。

「川」超えてキャンプ場のフェンスのゲートに来たらゲート前にマダラの大牛が2頭デン!と居座ってヘッドライトに照らされながらこっちを睨んでいました…。息子が勇気を振り絞って背を向けないように目を見たままソーっとゲートを開け、牛を刺激しないように私が車をゆっくりゲートの外へ出したはいいんですが、牛の真横…。なんだか一頭が車をペロペロして…その好きに息子が再度ゲート閉めて車に乗り込んで…あとは一目散に退散でした…。
「でかした、息子!」よ〜開けた!…。あぁ〜、運転手で良かった。

実は私…子供の頃、隣で飼ってた牛に小突かれたことがあって、それ以来、牛怖いんです…。とりあえず、今日のところは息子がいてくれたおかげで事なきを得られました。

しかし、真っ暗闇でヘッドライトに照らされたマダラの大牛、2頭…ムッチャ怖かったです…。

[PR]
by 8a1000 | 2018-08-16 23:30 | REBORNへの道 | Comments(0)