オペから復帰そしてREBORN・・・


by REBORN
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

Kleinfontein…113/1000…

昨晩は酷い天気でした…。キャビンが揺れるほどの暴風雨が吹きまくって一時はどうなることかと思いました。
朝方ようやく落ち着いて、外も静かになりましたが、台風さながらの天気にほぼ寝られませんでした。

まぁ、朝になったらケロッと晴れましたが…岩は当然濡れているため出だしは遅め…。
いつも通りSちゃん一行とキャンプ場で待ち合わせて、今日はSky 8bのエリアのKleinfonteinへ行きました。
キャンプ場からも近くて便利なところ。駐車場に車を止めてフィールドの中を横切って行くとまず確認できたのはThe fin 7a。すでに人だかりになってたんでシャイな私たちは裏の方へ引きこもりに行く…。
で、先ずはChateau rouge 7a。親子で登ってはいいがトップアウトして立ち往生…。結局クライミングダウンして飛び降りて…。後続のSちゃんに「ガバ取ったら飛び降りたほうがいいで〜」とアドバイス?。

次は隣のDeath star 6c+。これはさっきの学びを生かしてガバ取った後しっかり飛び降りて事なきを得ました。

で、The fin 7aに参戦。何とか大勢の外人(?)クライマーの中におっさんがババーっと割って入って「どうやー!」とばかりに完登して上でガッツポーズして場を作る。ん〜、これ大事です!。で、若者も後続して「これでもかー!」って感じでスコスコ登ってくんで苦労してた外人しらけさせないように陽気に喋りかけ続けて事なきを得てみなさん気持ちよく笑ってみんなで登れました…「強い」って時には罪を生みますよね…。
まぁ、みなさん陽気で気さくなオーストラリア人で楽しかったです。

で、そそくさと退散して後は裏のケーブのShadows of ourselves 7c。
f0362263_17245312.jpeg
皆んなでササーッと…と言うか「若者たちは」ささーって感じで私はどっちかって言うと何とかかんとかっていいたほうが正しいような…まぁ、そうやって登って移動となりました。で、本日+2段。

Skyの案内に導かれて自然と到着。だ〜れもおらず…自由!最高ー!…とトライ開始。一通りバシバシやって休んでたら今度はどんどん人が押し寄せて着て…で、気がつくと人だかり…Tさんたち一行も参戦して日本人比率高!…おまけにショーンも参戦。こうなると内気で無口でシャイでB級な私たちは強強軍団に圧倒されて自然に傍観者に回って観戦…。ボーッと羨望の眼差しで眺めていたんですが流石にこのままでは帰るわけにもいかず…S君と息子が他の課題を発見しに探検にこっそり出発。首尾よくお手頃な課題を発見して帰還。で、最大の勇気を振り絞って自分たちのマットを2枚引き上げさせて頂いてこっそり移動…。Sちゃんはもう少し残ると言う事で…。

脱出に成功してThe power of Bar-one 8a+の下についた時はSkyのセッションの威圧感から解放され感じで適度な静かさにホッと一息…。
いや〜、でもいいもん見ましたね〜。やっぱ皆んな強いです!。
俺らも(というか若者たちですが…)もっと頑張らんとあかんで!!。なんせ強さが違いますわ!強さが!。

で、こちらはというと先客はフランス人のお父さん1人。で、仲良くS君と息子を含めて3人でセッションとなりました。

で結局あ〜でもないこ〜でもないとトライを重ね何とか息子が完登。
f0362263_17234426.jpeg
S君もほんと惜しいところまで行ってたんですが日没間際にまた雨が降り…かなり粘ったんですが「今日はこの辺にしといたろ!」という事で帰路につきました。

SkyのSちゃんは1手目止めて手応え掴んだんで次回は上部。まぁまぁ、見た感じ出来るでしょう!といか登らなあかん!。

帰りはヘッドランプで駐車場まで。その頃には天気も回復して空は久しぶりに快晴。満天の星空の中無事にたどり着くことができました。

明日こそはいい天気でありますように!。


[PR]
by 8a1000 | 2018-08-07 23:30 | REBORNへの道 | Comments(0)