オペから復帰そしてREBORN・・・


by REBORN
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

帰国後:KO-WALL・地元ボルダー・芹谷・セット

 久しぶりの更新になりました…。
 スペインから帰ったのは…確か4月7日…という事は「アッ」という間にかれこれ2週間近く過ぎてしまったことになります。ん~、時が過ぎるのは早いものです。「光陰矢の如し」とはよく言ったものです。まさしく「時」は「光」…。
 とまぁ、そんな事はさておき、とにかく忙しかったというか、忙しい。この2週間、溜まりに溜まった仕事を鬼の形相でこなし続け「あぁ~、やっと自由になれる…」と思ったのもつかの間、新しい仕事がどんどん押し寄せておぼれてます…。
 しか~し、それはそれ、これはこれ…。「スペインから帰ったら毎日でも登りに行ったろ~」ともくろんでましたが、なんとまぁ、帰国するなり雨・雨・雨…。まぁ毎日よくもこんなに雨ばっかり…。おかげで暫くどこにも行けず悶々と仕事してました。
 当然ジムでは毎日のように登ってましたが、それはあくまで「練習とリハビリ」。私はクライミングがしたいんです!。しかし、この悪天のおかげでそのリハビリと練習に専念することができ、スペイン出発前には白3本しか登れなかったのが、なんと今やピンクは全完・黄緑10本完登することができました。トラバースもA~Bは繋げて行けるようになりました。そう考えると雨も悪くないかな?…。


 で、ようやく先週くらいから天気が回復したので金曜地元のボルダーに妻と行ってきました。久しぶりのボルダーでよかったんですが、なんと、2人ともチョーク忘れて愕然…。でもそれはそれで結構楽しかったです。ジムが始まるまでの時間「ノーチョーク クライミング」を2人で堪能しました。


 日曜は日曜で、それに中学生のKちゃんを誘って芹谷に行きました。結構寒い日が多かったらしくまだが咲いてました。

f0362263_17244300.jpg
 岩場へのアプローチはシャガの花がきれいな花を咲かせていました。まだ7分咲き程度なんでこれからが見ごろでしょう。
f0362263_17250171.jpg
 肝心の岩場のコンディションはというと、予期はしていましたが、ここんとこの雨で結構染み出していました。それもあってか、人影もまばら…。
 午前中は限られたルートしか登れませんでしたが、昼からは結構乾いてきて十分一日楽しめました。私は、「ラバンバ 5.11a」「ブロークンフィンガー 5.11c/d」「デッドライン 5.12b/c」「ハイカラさん 5.12a」「バイタルポイント 5.11d」と登って一日を終えました。一応は何とかどのルートも登れるんですが、納得いかず、この日は練習のために「デッドライン 5.12b/c」をリードで2回、TRで1回登りました。妻も私と交代で結構登ってました。
f0362263_17125056.jpg
 中学生のKちゃんは久しぶりの岩場でなかなか思うようにはいかないみたいでしたがしたが、いろいろチャレンジして楽しんでいました。
f0362263_17242010.jpg
 この日、息子は若手のTKと地元のボルダーに出かけていきましたが、こちらの方は後で聞くと結構濡れてたみたいで、早々に切り上げてジムで登ったそうです…。


 月曜は国体滋賀予選のセットでスタッフのK君と朝から労働…。夕方、息子とアルバイトのKが合流してAM1:00まで作業…。毎度のことながら何かとコンペは大変です…。久しぶりに朝から晩まで作業したら両手首が痛くなりました…。ん~、治るといいんですが…。やっぱり、まだ無理は禁物ですね…わかってはいるんですがついつい…やっちゃいます…。


 の方は両肩とも相変わらずですが、左の方は毎日のリハビリのおかげか少し力を感じるようになってきました。「力を感じる」といってもまだまだですが、一応「膝立」が10回くらいゆっくりできるようになってきましたし、「懸垂」も肘角が90度~60度くらいで5回程度なら何とかできるようになりました。目下の目標「腕立てが1回できるようになること」「片手で鉄棒にぶら下がれるようになること」です!。
 一応社会復帰リハビリは3月で終了したので4月からは競技復帰リハビリという事で療法士さんにお願いしてメニュー組んでもらってます。内容的にはまだまだ可動域の回復やインナーの強化、運動矯正が主な内容で筋力強化ができる状態ではありませんが、順調にいけば2か月~3か月先から筋力強化できるとのこと。先は長いですが、引き続き頑張りたいと思います!。


[PR]
by 8a1000 | 2017-04-17 23:30 | REBORNへの道 | Comments(0)