オペから復帰そしてREBORN・・・


by REBORN
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

第4ローテーション(夫婦:5日目)&第5ローテーション(息子:2日目)

 朝、窓から外を見ると快晴で今日も暑そうな感じ。

f0362263_20001157.jpg
 で、丘へ散歩に行くと…「なんじゃこりゃ~」と思うくらい寒くて風がすごい…。ゴーゴー風吹いて木が揺れてました…。

 今日はEl Pati。作戦としては昨日の一件を踏まえ、午前中の日陰のうちに息子が「Pati noso 8c+」をハングドックして日中の日向の間は休養。その間に私と妻が日向でぬくぬくクライミング…で、日が陰ったら、息子タイムで再度トライして日没を迎える…という予定。
 ん~、我ながらいい作戦…。「ダニー」一派も16:00頃来てトライし始めて日没までという感じなんで、この作戦は完璧!…な、はず…。
 アパートを少しゆっくり目に出て第3駐車場に向かう。普通ならこの時間では空いてるスペースもなく上の駐車場に回らなければならないはずですが、今日に限って結構空きがありました。「土曜なのにおかしいなぁ~」と思いながらも、ありがたく駐車。荷物を準備して岩場に向かう。
 今日の具体的な計画はこうです…今日は息子先行でとりあえず右端でいつもの7aを2本連続やってウォーミングアップ…そのあと私が1本やった後、息子が今日のルート「Pati noso 8c+」を1回…で、その頃には日が当たるんで息子は日陰待ちの休養。私と妻はその日が当たる時間を利用してもう1本の7aを登り、その後私が例の「El prado del rey 7b+」やって…で、日陰になる夕方に私と妻は終了して後は日没まで息子タイム…。という感じ。ん~、何回シュミレーションしても完璧!。

 速攻用意して息子が登りだす…が、とにかく風がすごい…ロープはたわむし、声は聞こえない…おまけに寒すぎ!…。駐車場が空いてる意味が分かりました!。そんな中、息子は予定通り2本登って次に私が登り始めて…下部で手の感覚「0」…中間部以降、足の感覚も「0」となり、上部のレストポイントでレストしながら靴を脱いで足を揉む…それを両足やって再度靴履いて上部のスラブに…。何とか登れましたが、爽快感は微塵もなく安堵感のみが残るだけのクライミングでした…。

 で、その後は息子「Pati noso 8c+」にトライ。暴風と寒気の中、何とか解決…というか見ていた感じ「生への脱出」といった感じでした。
f0362263_20140775.jpg
 途中「テンション」とか「張って!」とか「出して!」とか「降ろして~!」っていう声すらまともに聞こえませんでした…。

 息子が降りてくるころには、妻は戦意消失…。は、未だ風が強い中、もう1本の7aを登って回収。で、その後「El prado del rey 7b+」を1回トライ。核心のバンプアップも前回よりはいい感じに思えたので、もう1回やることにして小休止。壁に日が当たってきたので寒気の方は朝よりは断然マシになってましたが、やっぱ風が…ロープがたわんで重かったです。


 次に息子が気を取り直してもう1度トライ。第2核心でフォール。やっぱり風がうっとうしい感じでした。ビレイしていても1本目までのロープが風にたわんで、息子を引きずり落としそうな感じでした…。

 で、その後は「El prado del rey 7b+」をもう一度やろうと思いましたが、結構混んでたので転戦。ダメもとで「Mucho tronco poca madera 7c」をやってみることにしました。で、何とか解決出来たので、小休止した後どちらか空いてる方をやることに…。

f0362263_20135431.jpg
 幸か不幸か小休止後「Mucho tronco poca madera 7c」が空いていたのでいざトライ…。で、登れました!。なんとか核心の浅い2本指のボトミングジャムが決まってラッキーでした!。


 その後息子はもう一度「Pati noso 8c+」にトライしましたが、すでに壁は日陰…で、依然強風…当然寒すぎて無理でした。

 私は7c登って気を良くして、最後に誰もいなくなった「El prado del rey 7b+」にトライ。結果こちらも登れてラッキー!
 昨日の汚名返上となりました。よくよく考えると今日は亡き母の命日…今日、この日に飛躍的に2本登れたことに「感謝」です…。

 しかし、まぁ、なんというか…コンディションがころころ変わってうまくいかないもんですね~…。


[PR]
by 8a1000 | 2017-04-01 23:30 | REBORNへの道 | Comments(0)