オペから復帰そしてREBORN・・・


by REBORN
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

とある岩場

 今日はTさん・息子と私でTさんがよく行く岩場に行きました。朝起きると雪‼…。今冬初めての積雪…。どうかなぁ…と思ったんですが、Tさんが来てくれて出発。まぁ、ここは降ってても現地は降ってないことは明白なんでやめる選択肢はないんですが、問題は道路の状態。案の定、途中事故車発見。3台の車体がベコベコになって反対向いてました…。
 何とか無事に岩場に到着すると当然雪無し!…で、なんか日差しが心強い!。ん~、いい感じ。
f0362263_11105313.jpg
で、一通り案内してもらう。で、どっからやろうかという事になって、とりあえず下の方から攻めることに。まずはルーフの岩。既成課題のルーフ登っった後は3級のご機嫌な課題設定して息子と二人で完登。あ~もできる、こ~もできると検証を繰り返してグレード3級に決定。
 で、次に移動。既成課題が色々あるなかでまず2級のかぶったアレートに取り付く。完登した後はこのアレーとのロースタートから右抜けの課題を設定。気楽に「お~、出来る出来る!結構面白いで~!」とやり始めたはいいがドはまり…。ホールドと最良のムーヴ見つけるのに時間がかかりすぎました…。結局息子が完登して…。私がムーヴが分かったときはもうよれてて完登ならず…。昨日に続いて不甲斐ない結末となりました…。
 で、移動。最後は横に長~い岩。真ん中のTさんのトップアウト課題を気持ちよく登って後は下部でウロウロして日没間際まで…。
 終始Tさんにお世話になりっぱなしで、ホント申し訳ない感じでした…忘れたカメラまで取りに行ってもらう始末…。Tさん、ありがとうございました!。またリベンジしに行きます!。

[PR]
# by 8a1000 | 2018-01-14 23:30 | REBORNへの道 | Comments(0)
 今日は息子と共に地元のボルダーに行きました。天気は良かったんですが、何せ折からの寒波襲来で、とんでもなく寒い日でした…。おかげで、今冬一番のクリアな空気となって、行く道々、湖南地域からも伊吹山をはじめ、霊仙、湖北の山までくっきりと見えてました。こんな日は御在所の頂上から富士山が見えるんですよね~。ひょっとしたら見えてたかも…?。
 で、岩場到着するとだ~れもいない…。そりゃ~、この寒さではいくら天気良くても気後れするでしょう!…ということで、息子と二人でブッシュの中に分け入っていきました。
 今日は息子が私が昔登ってから再登する人が現れなかったハイボルダーを再登するという事で、とりあえず自然に帰ってる上部を掃除。
 道具を持って意気揚々と上にまわってFIX張ろうと思ったら…昔てっぺんにあった大きな松が枯れててない!。という事で直径10cmくらいの灌木を何本か使ってFIX完了。チェックするとぐらぐら揺れてる…
f0362263_10461278.jpg
ん~、さすがに岩の上に生えてる木だけあって根が浅い…まぁ、経験上、大丈夫という事で息子が苦笑いしながら下降開始…。さすがにちょっと怖いんで途中にある木にもFIXかけて、これで安心。ホールドを確認しながら掃除すること約1時間。漸く作業終了。
 実は前日に「どう登るか?」ということで息子とちょこっと話しました。というのはこういうハイボール登るときのスタイル的な問題…。で、息子が出した今回の答えは「ラッペルでホールド確認して掃除するけどリハーサルはしない!」というもの。言い方変えると「課題が自然に帰ってるんで掃除が必要=必然的にホールドを確認することと同じこと⇔クライマーのフェア精神(?)、クライマーの良心(?)としてリハーサルはしない→ボルダースタイルだから」という事です…。ちょっと説明しにくくて分かりにくいですが、わかる人には分かると思います。
 ということで、今度は課題の説明…この課題、決して難しいわけじゃないんですが、とにかくちょっと高いのと、仮に上部から飛び降りるとしても木があってヒットするために上部から飛び降りることができない…。まぁ、ちょっとややこしい…という事で再登が無かっただけだと思います。まぁ、一見するとかなり高く見えますが、アメリカ(ビショップ)なんかでは普通にあるサイズだと思います…かくいう私はボルダーでは行ったことないんですが…。なので、結論としてはトライする人が現れなかっただけです…。
 掃除完了後ウォーミングアップ。ここで問題発覚!。寒すぎて手と足が悴んで力が入らない!。足に至っては靴の中ですぐ感覚がなくなくなって…。2人して1級で苦戦…。それでもまぁ、何とか温まってきたんで、本題に移動。再度ウォーミングアップがてらまず下部を確認して中間部のトラバースを確認…と言ってもそのたびにランジ止めて探りに行かなければならず結構大変です。ランジ自体は簡単なんですが、若干角が立ってるでちょっと痛いです…。で、ムーヴも固まって、体温まったところでエイヤーっとトップアウト。首尾よく完登で第2登成功となりました。
 で、その後はプロジェクト触ったりして日没まで登って帰路につきました。
 私はというと…結局1級2本と5級くらいをちょっと登っただけでナ~ンもできず…不甲斐ない一日となりました…教訓…クソ寒いとダメ!…。

[PR]
# by 8a1000 | 2018-01-13 23:30 | REBORNへの道 | Comments(0)
いや〜、9日はとんでもないお天気でした!。なんせ風が強くて…。そんな中、とりあえず、8日確に認しに行った新しい岩場に下見に行きました。出だしの川渡るところが前日の雨で増水してていきなり渡渉を強いられ寒修行…。ゴーゴーと風が吹き荒む中膝までズボンめくって素足で前進。途中で感覚なくなってあわや転倒かと思いましたが、なんとか渡りきって事なきを得ました。後は山の中を彷徨すること約3時間。まぁ、あるにはありましたが微妙な感じ…。ん〜、とりあえず暇な時に掃除して様子見るかって感じです。
で、その後は例のクラックをもう一回掃除しに行きました。とにかく風が強くて、おまけに雪まで降ってきて…。横殴りの雪を受けながら必死に掃除。ロープは横になびくし、上下ジャッケットきて冬壁装備でしたが手足の感覚は無くなるわで、正に冬季登攀状態で、なんか冬壁行ってた頃の昔の記憶が蘇ってきました。
そんな中頑張った甲斐あって、掃除の方は無事終了。これでまた登れる状態になりました。また天気のいい日に登りにくることにしてこの日はそそくさと退散して夜はジムの店番してました。

明けて10〜11日は三重店のセット作業。課題の追加作業なんでいつもよりはマシと思いきやなんのその…。いつも通り「あ〜でもない、こ〜でもない」と結局最終日の0時過ぎにようやく終了。でもいつもよりは格段に早く終わったので良かったです。
水色2本、青2本、緑1本、赤1本、黒1本と増えたんで皆さんトライしてみて下さい!。

とまぁ、そんなこんなでちょこっと疲れが溜まってきたんで天気はいいけど明日は休養 ですかね。


[PR]
# by 8a1000 | 2018-01-11 23:59 | REBORNへの道 | Comments(0)
 正月早々ジムのエアコンがダウン…。ショック大!…。急いでメーカーのメンテに連絡したものの最速で5日…とのこと。「なんでもえ~から早よして~!」の言葉もむなしく、5日の日程は覆らず。ようやく5日になって見てもらうと…「室外機の部品を積み替えです」…とのこと。修理金額聞いてへタレこみました…。しかし、どうしたって修理しかない!。最速で!と修理依頼して現在に至ってます…。ということで、このまま極寒のジムというわけにもいかず、昔使っていた石油ファンヒーターを引っ張り出してきてとりあえず凌いでます。
 久しぶりに石油ファンヒーターで暖を取ってますが、以外にこれが温かいです!。ひょっとしてエアコンよりいいかも!?です。やっぱり直火にはかなわないのかも…。
 そんなこんなでジムは新年早々てんてこ舞いですが、クライミングの方はというと…。
 3日に例の岩に行ってルートの状況確認とアプローチ作りをしてきました。時折、吹雪に見舞われる中、なんとか無事に岩場到着。案の定クラックはシダに覆われていました。帰りに踏み跡を作りながら目星をつけておいた尾根を下山。こちらは首尾よく、思っていた通り!。下山に要した時間は15分!。格段に近くなりました!。その日は終始、吹雪の中の作業となり全身ビショビショ…震えながら家に帰って、取り敢えず着替えてからジムの店番に行きました。
 次の日の4日も天気はいまいちでしたが、昨日よりはマシという事で今度は掃除に出かけました。新しい踏み跡をたどっていくと…なんとまぁ、20分弱で岩場到着!。ん~、ここまで短縮できるとは…。で、岩場到着後、作業開始。終始曇りで時折雪がちらつく中、クラックの中のシダと格闘…。結構な作業になりました。あらかたは何とか掃除しましたが、もう少し不十分なところもあるんでもう一度掃除が必要でしょう。
 で、今週中に掃除完了して再登しようと思っていたのですが、あれ以来天気が最悪…。昨日の7日はまだいい天気だったんですが、この日は大鳥居で講習。現在天気待ちといったところです…乞うご期待を…。
 ということで、天気悪くて暇持て余してるんであれこれ昔の記憶を手繰って「どっかいいとこなかったっけ…?」…散々思いめぐらして…そういえば…ということで今日(8日)、雨の中確認しに行ってきました。確かにありましたが、使えるかどうかは未知数。やっぱスケールが小っちゃいのといいラインがあるかは???。とりあえず今日は駐車スペースを確認しただけで雨の為、岩場の下まではいかず遠望のみ…。今度雨あがったら岩場の下まで行ってきます。

 てな感じで、いずれにせよ現在天気待ち…悶々とした日が続きます…。

[PR]
# by 8a1000 | 2018-01-08 23:30 | REBORNへの道 | Comments(0)
 今日は里帰りするS君と久々に地元でボルダリング。バイトのM君も誘って…ジム集合という事でしたが、朝からM君のバイクがぶち壊れたようでエンジンかからずTel有。すごく楽しみにしてたの知ってる身としては、あまりに可哀そうすぎるんでM君の近所のコンビニまで迎えに行き、気持ちリセットして再度出発。私たちの住んでる地域は晴れていたんですが、岩場に近付くと空が掻き曇ってきて雨…それも結構な…。ダメかなぁ~…と一瞬思いましたが、S君とは現地で待ち合わせしてたんでとりあえず行ってみることに。現地到着したらなんとまぁ、知り合いの関東のクライマー一家とばったり…話聞くとS君に聞いてきたらしい…が、実は朝から東の河原に行ってきたとのこと…。???の私たち…だってあそこは冬ムリでしょ!特にこんな日は!…で、やっぱ大雪で無理だった見たくこっちへ回ってきたとのこと。ん~、賢明な判断です。
 S君が友達2人と到着してようやくクライミング開始。総勢7+愉快な子供たちでゴソゴソ藪の中へ…。あーだ、こーだと終始賑やかにクライミング。いつもなら結構静かに登ってるんですが、今日はだ~れもいない…。誰に迷惑かけることもない。たまにはいいでしょう。
f0362263_11152831.jpg
 で、まぁ、何とか一通り登って結局は日没…。最後のマントル課題で皆体終わらせてお開きとなりました。
 S君! A bientôt !

 

[PR]
# by 8a1000 | 2018-01-02 23:30 | REBORNへの道 | Comments(0)